■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
阿部守一長野県知事会見
 昨日長野県知事が、自主避難民に対しても福島県全域を対象に借り上げ住宅を提供すると発表しました。長野市や松本市が受入住宅でキャンセル待ちとなっていますがこれで避難しやすくなります。

阿部守一長野県知事会見
平成23年(2011年)9月9日(金) 11:00〜12:15 県庁:会見場

 東日本大震災の発生から間もなく半年ということになるわけであります。長野県にも福島県を中心に大勢の皆様方が避難をされてきているわけでありますが、そうした中で避難者の皆様方への支援の充実という観点で今後、今現在民間のアパート等を県が応急仮設住宅として借り上げる制度を運用しています。

 これを自主避難の方、要は今までは津波等で住宅を失われた方あるいは原発の避難指示区域から非難された方といった災害救助法の適用対象となる避難者の方を対象として民間アパート等の応急仮設住宅借り上げ制度を運用してきましたけれども、今後は自主避難者とりわけ福島県の方々を対象にするわけでありますけれども、お子さんをお連れの方を中心にいまだに放射能、放射性物質の健康被害というものを強く懸念されている方も対象として民間アパート等を県が応急仮設住宅として借り上げて提供するという制度運用を行っていきたいと思っております。

 今後その準備を行ったうえで、10月の初旬を目途に拡大をしたいと考えております。避難者の皆様方に対しては半年経とうとしている段階でありますので、前回の会見の時に申し上げましたとおり、とりあえずなんとか難を逃れて避難しようという状況からある程度落ち着いて今後の生活設計をどうしようかと状況が変わりつつあるのではないかなと思っております。そうした観点で県の支援のあり方についても見直していく必要があると思っております。

 9月中に県内の避難者全世帯を対象としてまずはアンケート調査を行いたいと思っております。現在お困りのことあるいは将来に対する不安そうした思いを把握を致したいと思っております。また日時は確定しておりませんけれども、私も直接非難されていらっしゃっている皆様方あるいは「信州絆プロジェクト」等で市町村の方あるいは民生児童委員の皆さんあるいは社会福祉協議会の皆さんといった多くの方々がサポートをされているわけでありますけれども、そうした皆さんも含めて今の課題・問題というものを出していただいて今後の支援につなげる懇談をする場をつくりたいと考えております。またこれは具体的な日程が設定された段階で皆様方への方へはお伝えをしていきたいと思います。

 以上東日本大震災の関係では民間アパート等の応急仮設住宅の借り上げ制度を福島県からの自主避難者へも拡大しますということと、それから避難されている皆様方へのアンケートとそれから私も直接お話しをさせていただくことによって新しい今の状況でのニーズを十分把握して今後の対応をしていきたいという2点を申し上げておきたいと思います。
スポンサーサイト


拡散・広報 | 21:50:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。