■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
未来の架け橋レインボーフェア特別講演会 IN 郡山
未来の架け橋レインボーフェア特別講演会 IN 郡山
 〜放射能汚染の現状と健康への道〜

【講 演】 川根 眞也 先生 (埼玉県 公立中学校 理科教諭)
       『子どもたちを放射能から守るために〜福島第一の風下に住むということ〜』  
      堀口 裕 先生 (香川県 医療法人社団 健翔会 医師 兼 理事長)
『子どもたちを放射能から守るために〜細胞レベルの対策と必要性〜』
【日 時】2011年9月13日(火)10:30〜15:00(受付 10:00〜)

【場 所】  郡山ホテルバーテン 吉祥の間(1F)
       〒963-0106 福島県郡山市安積町成田字島ノ前2-3
TEL: 024-947-7777 FAX: 024-947-7007
http://www.hotel-baden.com/  

【参加費】 無 料(※今後の活動のために寄付金のご協力をお願いします。)

【お申込】 要予約 ※お名前と人数お知らせください。満席の場合、ご予約の
ない方は立ち見になる場合がございますので、あらかじめ御了承ください。

【主 催】 NPO法人 ポプラ
      〒343-0827 埼玉県越谷市川柳町2−555
     

【協 力】 NPO はっぴーあいらんど ☆ ネットワーク
 NGO 心援隊・内部被ばくを考える市民研究会
      株式会社アトリー
【ゲスト】  
〜第一部〜
川根 眞也 先生 (埼玉県・公立中学校の理科教諭)
 《プロフィール》
毎日独自に放射線量を測定し「わかりやすい放射能の話」や
「内部被ばくを避ける方法」をメールマガジンやFacebookで
発信しており、放射能にかかわることで多くの提言をしている。
興味深い情報提供や様々な実例を踏まえた内容から、
現在全国各地で講演の依頼が殺到しており、急速にその名が拡がっている。

〜第二部〜
堀口 裕 先生 (香川県・医療法人社団健翔会 医師 兼 理事長)
 《プロフィール》        
ネガティブイオン(マイナスイオン)の生理的作用に関する研究の第一人者。
代替医療として独自に開発した「細胞内検査」と「還元電子療法」による「細胞
内診療」を推進している。原発問題で懸念される放射線の人体への影響とその対
策について提言しており、医療の最前線で活躍中。各界から多くの注目を集めて
いる。

【お申込・お問い合わせはこちらまで】  
連絡先 080-3485-6400 (担当:池田)ikeda@po-pra.jp


【タイムスケジュール】
10:00 受付開始・開場
10:30 主催者あいさつ   (10分)
10:40 川根 先生 ご講演  (90分)
       「子どもたちを放射能から守るために
         〜福島第一の風下に住むということ〜」
12:10 昼食・休憩     (50分)
      (レストランは混み合う可能性がございます。
         軽食をご持参下さい。)
 
13:00 堀口先生 ご講演  (70分)
      「子どもたちを放射能から守るために
          〜細胞レベルの対策と必要性〜」

14:10 パネルディスカッション・質疑応答  (50分)

15:00 一旦終了 その後先生との個人面談など(60分)
     
16:00 終 了

【会場までのアクセス方法】
車をご利用の場合:東北自動車道 郡山南インターで下車
郡山南インターを下車、県道47号線を左折。5つ目の信号を右折、
一つ目の信号を通過。100m先で左折するとホテルへ到着します。

電車をご利用の場合 郡山駅で下車
タクシー 郡山駅よりタクシー約20分で到着します。
バス 郡山バスターミナル(2番線)より(下守屋行き・長沼行き)に乗車、
バス停(木工団地入り口)で降りて下さい。約30分で到着します。

※ハーメルンプロジェクトも川根先生の後に、私たちの活動についてコメントします。ぜひ参加して下さい。
スポンサーサイト


未分類 | 21:12:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。