■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
福島原子力補償相談室
 「わが家の庭にある放射能物質を運んで欲しい」と東電のコールセンターに電話した。

 そして、
 1.「福島原発から半径10キロ圏内の放射性物質を除去する」
 2.「東電から何が漏れたか」
 の2点の内容を確認し、その実施について依頼した。

 1.については、原発から10キロ圏内の高濃度汚染地域を少しでも綺麗にすること東電(政府)の義務です。そのため、梅雨が来る前に、汚染の高い地域から放射能物質を取り除いて欲しい。福島市や郡山市の放射能数値が高いのは、「最初にでた放射能の量」が原因である。その高い放射能を取り除くことによって、今後の拡散を少なくなる。それは結果的に、今後、東電の放射能汚染除去の仕事が減るからだと、、、。

 2.については、国民の健康のための発表を求める必要がある。東電はすでに福島原発から漏れた水の分析を終わっているはずだ。それらの水は原子炉を通過してきたので、蒸発しやすい軽い元素か(化合物も)、沈殿している重い元素(化合物も)の両方が含まれている。

 自主避難にかかった費用はどうなるか、土曜日の集会でも質問があった。領収書はあった方が良いのか。何がどこまで補償されるのか等について質問した。5月31日に政府と東電で会議があり、7月には暫定的な結論がでる予定ですとの返事だった。
............................................................................................
<原子力損害の補償全般に関するご相談の専用窓口について>

 平成23年4月28日より、原子力損害の補償全般に関するご相談の専用窓口を開設。

 ■福島原子力補償相談室(コールセンター)■
 電話番号
 0120ー926ー404
 ※番号のおかけ間違いにご注意ください。
 受付
  9:00ー21:00
スポンサーサイト


放射能による汚染(土壌/食料) | 20:41:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。