■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
岩波ブックレットのご案内
岩波ブックレットのご案内。
『避難する権利、それぞれの選択--被曝の時代を生きる』 河崎健一郎 (著), 菅波香織 (著), 竹田昌弘 (著), 福田健治 (著)
福島第一原発の事故以降、住み慣れた土地から自らの判断で子どもなどを連れて避難する人がいる。同時に、その地に留まり続けている人がいる。福島からの声、避難先からの報告とともに、当事者が直面していること、悩んでいることを描く。さらには関連の制度などを、相談にあたっている弁護士がわかりやすく解説する。

『「主権者」は誰か--原発事故から考える』 日隅 一雄 (著)  日隅さんは昨年、病で亡くなりました。惨憺たる国に生きていく子どもたちに残したい「主人公となる幸せ」のために最後まで生きた日隅さん。
福島原発事故後、市民に伝えられるべき情報の多くが隠され、誤った説明が繰り返され、国民不在の場で様々な基準が決められていった。なぜ、これほどまでに「主権者」である国民がないがしろにされたのか。政治家、官僚、メディア、専門家、そして東電などによる事故後の対応を振り返りながら、その構造的問題点を指摘する。

amazonからも購入できますが、良かったら、こちらからご購入お願いします。売り上げの20%はハーメルンプロジェクトへのカンパとなります。angel@hamelnproject.com
スポンサーサイト


拡散・広報 | 20:48:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。