■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新政府樹立
 今年は初めて淡路島で家族そろってクリスマス・イブを過ごした。その後、岡山YMCAさんから家族で呼ばれて、岡山県新庄村にでかけてきた。これまでYMCAのキャンプに参加した事のある家族が集まった。高速道路の途中から辺りは雪景色に変わる。東北人にとって雪は懐かしい。勿論、子どもたちも大喜びだ。

 本や絵も書き、ミュージシャンとして活躍するAKIRAさんが同じバスに乗っていた。彼とは初めてだったが、フレンドリーで気が合った。年齢は私より少し年下だが、年に似合わずプラス思考なのが印象的だった。今回「アジアに落ちる」という本を買い求め、サインを頂いたが、初版本『COTTON100%』は勇気と決断を与えてくれる本でもある。もし君が自分の「限界」と「可能性」を知りたかったら、読め!!そして、俺と一緒に旅に出てみないかい?とAKIRAさんは問いかける。

 二部では若い代田さんが『被災地の聞き書き101』を通しての人々との繋がりについて話してくれた。この本は民間シンクタンク 東京財団とNPO法人 共存の森ネットワークの共催だ。

 これには伏線がある。「新庄村 聞き書き集」だ。時代時代の暮らしがあり、暮らしの知恵があり、新庄村の歴史がある。忘れてはいけないもの、次の世代に引き継がなければならないものに気づき、大切にし、自信と誇りを持って伝達しなくてはならないものがある。

 そう言う意味では、フクシマの歴史も同じである。この原発事故をどう記録し、次の世代に伝えてゆくか。私たちの正面突破する誠意が求められる。

 その後、飯館村から職員の藤井さんが飯館村の現状と復興について行政からの視点で話をしてくれた。飯館村の置かれている状況はまさにフクシマそのものでもある。「飯館村は、村民一人ひとりの復興を目指します。」村の考える復興の大きな課題でもある。9割が1時間圏内に住んでいるが、帰還は困難であるとの認識だ。真夜中まで話し込んでいたが、行政の立場としての苦渋もあることは私なりに理解できた。

 参加して子どもたちはそれらとは裏腹にキャンプを楽しんでくれたのも事実である。フクシマ県人だけの問題ではないが、重い課題を与えられているのも確かである。

 私は少しアルコールに酔った勢いで、<新政府の大統領になりたい>と話してきた。今回の選挙もそうであるが、たった16%程度の人間に認知された政府が日本の代表だとは思って良いのだろうか?むしろ、残った人間の中で新しい政府を作り、世界に認めてもらうのも有りだろう。

 もし、現状をリセットするならば、どのような展望で新しい国を作るのか?選挙で落ちた人達も含めて本気で考えても良い。それ位に日本は追い込まれている。
スポンサーサイト


拡散・広報 | 01:53:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。