■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
近況報告
国外保養サハリン第2弾チーム担当者から下記・概略報告のメール。

19日に無事帰国。翌20日元気に福島の自宅へ帰りました。今回、北海道(稚内港)からサハリン(コルサコフ港)へは船で往復とも移動。

10日、夕刻 コルサコフ港に入国、近江理事長、金子教授の出迎えを受け、<入国手続き約2時間要>
福島班は サンナトリューム“チャイカ”のバスで移動。
札幌・市民ミュージカル班は、当方手配のバスでユジノサハリンスクへ移動出来ました。

“チャイカ”福島班は ロシア児童達のプログラムに合流し、スポーツ、食事等々、沢山・貴重な経験をさせて頂きました。

途中、コルサコフ市、ユジノサハリンスク市へもでかける素敵なプログラムでした。
.............................................................................................................
詳しい報告がないので詳細は書けないが、サハリン保養プランは大成功だった。福島の子どもたちを放射能被曝から守るためには必要な活動である。ハーメルンプロジェクトとしては、今後も、外国への保養を兼ねた文化交流使節団を送りたいと考えている。

今度はオーストラリアへの保養プランが来ている。ハーメルンプロジェクトが事務局になる。来年の1月になると思うが、詳細が分り次第告知します。

わが家の事情。淡路島へ移住を考えてきたが、間に入ってきた人の手違いで、借りられるのが2年間限定になった。2年では困る。で、急遽新たな家捜しが始まった。もしかしたら、岡山に戻る可能性も浮上。まぁ、人生いろいろある。

これが難民の宿命なのだろう。野田総理を始め原発推進派の皆さん、お分りになりますか?貴方は暴力反対声明を出していますが、国のトップが弱い立場の人間を守ろうとしない。少数の金持ち優遇。どう思われますか?

郡山市の知人からも安心な西の卵が欲しいと連絡を受けた。了解しました。何とかしましょう。
スポンサーサイト


避難・疎開 | 18:57:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。