■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サハリンから
日本のみなさんこんにちは。福島から参加した7名の子どもたちと引率者(私と金子教授)の9人はユジノサハリンスク空港に到着しました。時差は2時間。日本時間に2時間プラスすればサハリンの現地時間です。

無事、税関の手続きをすませ、迎えてくれたロシア人スタッフ、そしてNHKの国際部のクルーたちに囲まれて、しばし、インタビューを受けた後に、レスノエ湖畔宿泊に向けてバスに乗り込みました。宿舎の代表のタマーラさん、看護士のオルガさん、そして通訳のダーシャさんの3名が一緒です。

車の乗り心地は昔の日本の様な感触です。道路は一応舗装されていますが、デコボコ道をオンボロ車がゆく。そんなイメージでしょうか。途中何度か、体が宙に浮く。

宿舎に到着すると、ロシア人の子どもたちに歓迎されました。食事の回数が5回。主食が3回で、残り2回はおやつの様なものですが、量が少し多いので、子どもたちは全部平らげることができませんでした。それでも完食する子もいました。

気候は涼しいです。こちらの方は、ほとんど長袖を着用。日本の子どもたちは夏の出で立ちでしたが、外に出るときは、長袖を着用する様に何度も言われました。確かに外に出ると、肌寒い。夕日は8時過ぎになって西の山際に沈みます。ただ、9時過ぎてもまだ明るいです。

毎日、ロシアのスタッフや大勢の子どもたちに歓迎されています。日本で、保護者の方々は心配されるかもしれませんが、こちらでは楽しく、過ごしていますので、ご安心ください。

今、弁護士のサローキン氏の事務所に来て、インターネットでつないでいます。便利な時代ですね。あと、二日で帰国しますが、今夜も日本の子どもたちが、歌(翼を下さい、雪やこんこの2曲)を歌ったり,なぞなぞをだしたり、”あいうえお”を教えたりする予定です。
スポンサーサイト


未分類 | 11:29:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。