■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いのちを守る300キロの森づくり
宮脇 昭「いのちを守る300キロの森づくり」

 宮脇 昭氏による、震災によって出た大量のガレキを再利用し、土地本来の本物の森による防潮林(防潮堤)の提案VTRです。

 緑の森は本来、私たちの暮らしと関係深い存在です。神社を遠くから見ると、こんもりとした森があり、その一端に鳥居がある。鳥居から森林の内部に向けて参道があり、その行き当たりに境内や本殿があり、その背後には森林の中央部が位置するようになっていて、森の深い方に向かって礼拝をする形になっている。

 このことからも「社(やしろ)」が先に在ったのではなく、信仰された森に社が建てられたことがわかります。また海岸近くに魚つき林という、古くから保護された森林がある場合、そこに神社が設けられている例が多い。

 3本植えれば森、5本植えれば森林となります。1億2000万の人が一人3本ずつ植えれば3億6000万本の木を植えることができる。

 みなさん、今すぐ、誰でもできる、
  土地本来の本ものの木を、
   あなたのため、
 貴方の愛する人のため、
  足下から木を植えましょう。
   私も植えます。


宮脇式植樹のポイント。

 ・その土地に昔からある樹木を植樹すること。
  鎮守の森や古い屋敷林にその手掛かりが残っている。

 ・高木、中木、低木、草木を偏りなく まんべんに植樹する。種類を限定しない。
  特に広域高深度に根をはる高木は 森や地盤の安定には重要。 

 ・20~30種類の樹木を混植&密殖する。
  単植林は 生殖活動が活発になるので 花粉が多くなる。

 ・ポット苗を使う、3年は手入れをするが、それ以降は自然に任せる。
  手が掛からない森作り。

【宮脇 昭プロフィール】
横浜国立大学名誉教授。世界各地で植樹を推進する現場主義の植物生態学者として、これまで国内外1700カ所以上で植樹指導し、4000万本以上の木を植えている。『植物と人間』『木を植えよ!』など著書多数。
スポンサーサイト


自然保護 | 18:07:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。