■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
週刊『まるっと西日本 』
街づくり支援協会の黒田さんからの情報です。週刊『まるっと西日本 』をお届けします。

★ 2012年6月7日(木)第0030号  

まるっと西日本では「内部被爆を生き抜く」上映会を予定しています。当日お手伝いしてくださる現地当日スタッフを募集中。最近のおやつはパイナップルにバナナ。冷やすとおいしいですね。日曜日は茨木市民会館でお待ちしています。

掲載のニュースの詳しい内容はこちら
http://maruttonishi.blog.fc2.comをご覧下さい。

▽「避難者の子供たちに無料塾 避難パパママは交流会」@茨木市
6/10(日)10時~12時茨木市市民会館 関大と阪大の学生さんたちが避難した子供たちに学習をサポート。宿題や勉強道具を持参のこと。無料。
保護者はその間別室で久しぶりにまるっと西日本主催、被災者交流と最新支援情報の勉強会に参加。ご希望の方には子供服、おもちゃなど支援物資の提供あり。(要予約)
参加希望のまるっと会員さんは 名前、年齢、を maruttonishi@gmail.com まるっと西日本へ
勉強会は小〜高校生のみですが交流会には小さなお子さんをお連れのママも遠慮なくどうぞ。JR茨木、阪急茨木からの道順は参加希望者へメールをお送りします。
主催 日本企業福祉協会

▽【原発事故で失ったもの】-避難者のお話しを聞かせて-
6/9(土)13時からLAGセンター(「京橋」駅徒歩5分)大阪市城東区蒲生1-6-21にて開催。
原発事故で失われた日常。原発避難者から関西人が学べる話。
主催:平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)
MDS(民主主義 的社会主義運動)放射能から子どもを守る会・高槻 
問合せ先:山川090~8536~3170 yama-y@h6.dion.ne.jp
佐野090・5175・6139 takatsukikodomo@gmail.com

▽「内部被ばくを生き抜く」上映会+鎌仲監督トークin吹田市
7月12日(土)吹田市文化会館メイシアター集会室
http://www.maytheater.jp/TEL:06-6380-2221で開催。
上映1回目)10:30 監督トーク13:00 上映2回目15:00
【参加費】1000円【主催】すいた共生・平和のつどい実行委員

▽8月8日(水)夏休みファミリーコンサートへ避難者をご招待
関西圏に避難されている方(4才以上)を対象に NHK大阪ホール
8月8日(水)午前の部 開場10:00 開演11:00
午後の部 開場13:45 開演14:30無料
申込方法:大阪府生協連組合連合会06-6762-7220まで
受付期間:5月28日(月)〜6月15日(金)

▽7月27日(金)夏休み文楽鑑賞のつどいへご招待@大阪市
開場:10:00開演:10:45終演:13:00関西圏に避難されている方(4才以上)を対象に。定員:50人 申込:大阪府生協連組合連合会
06-6762-7220まで。場所は国立文楽劇場。先着順。

▽オリックス・バッファローズ野球観戦ご招待
7月28日(土)京セラドーム大阪球場で開催される14時〜日本ハム戦、
7月29日(日)13時〜日本ハム戦に関西圏に避難されている方をご招待。
観戦チケット、お弁当お飲み物、応援グッズをご用意。
球場までの交通費をオリックス財団で負担
応募方法は電話でオリックス財団へ直接申込03-5419-5471
締め切り6月15日(金)問い合わせ先:オリックス財団事務
担当:藤井、境、中尾

▽6/9(土)18:30~21:00(開場18:00)災害廃棄物広域処理の真実 
山本節子さんとの勉強会クレオ大阪中央 4 階セミナーホールにて
地下鉄谷町線『四天王寺前』夕陽ヶ丘駅 1・2番出口から北東へ徒歩約3 分)
興味があれば下記メールアドレスからstopyamamoto69@gmail.com
山本節子さん:横浜の震災瓦礫の説明会で環境省から広域処理の根拠となる法律がない事を認めさせた方。

▽新刊
避難する権利,それぞれの選択─ 被曝の時代を生きる ─
河崎健一郎,菅波香織,竹田昌弘,福田健治著 岩波書店 定価 525円
福島第一原発の事故以降,住み慣れた土地から自らの判断で子どもなどを連れて避難する人がいる.同時に,その地に留まり続けている人がいる.福島からの声,避難先からの報告とともに,当事者が直面していること,悩んでいることを描く.さらには関連の制度などを,相談にあたっている弁護士がわかりやすく解説する。

▽Topics
当面は福島の人だが、福島だけではない。このままでは汚染はどんどん広がるだろう。もうそこには住めないのだから。日本の領土はあの分減ってしまった。あれは黙っていたら、どんどん広がる。東京もアウトになる。 (小沢氏 ウォールストリートジャーナルのインタビューで。5月)

MLホームページ: http://www.freeml.com/kengai-s
スポンサーサイト


拡散・広報 | 09:09:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。