■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カントリーファーム始動
 街づくり支援協会様から連絡を頂きました情報です。私自身、今週末には直接現地を訪問します。あの室生寺の近くなので楽しみです。

 街づくり支援協会では、東日本大震災に伴う原発事故の福島県からの避難者の方を対象に、永住も視野に入れた移住プラン「カントリーファーム」構想を立ち上げました。

 カントリーファーム構想は、新しい生活の場と再建の道を避難者自ら開き、自然エネルギー、安心、安全、緊急通報、介護、医療ネットワーク等先端技術を生活に取り入れつつ、農と食をベースにした新しい街づくりをすすめることにあります。

 このほど、第一弾として奈良県宇陀市室生での構想実現に向けて、街づくり支援協会は動き出しました。

●建設予定住居(約100戸)
戸建庭付(大家族・核家族・子育て世帯向け)
アクティブシニア向け戸建庭付(ペア、シングル)
サービス付高齢者向け住宅共同住宅(アクティブ)
サービス付高齢者向け住宅共同住宅(介護型 )

1.対象者  
東日本大震災に伴う原発事故の福島県からの県外避難者。
移転先での自立を求める方。
2.ファーム設立予定地域   
愛知県以南の太平洋岸や瀬戸内海沿岸など、原子力発電所のない地域のうち、
温暖かつ冬でも農業可能な場所。
各地域約100戸を予定。ファーム内に管理棟(管理人常駐)。
3.立地 
近隣地域に医療機関、教育施設(幼保小中)があり、ライフラインが整備できる場所。
4.運営企画・法人 
企画/特定非営利活動法人 街づくり支援協会
運営バックアップ/株式会社 ご近所センター
現地法人/農業法人カントリーファーム
5.現地法人の運営 
避難者から役員を募集し、住民自身の自主運営を推進する。住民自らコミュニティを構築し、生活を再建する。株式会社 ご近所センターは運営をバックアップする。
6.雇用
現地法人がファーム内での雇用の受け皿となり、住民を優先的に雇用。
7.費用
・入居一時金
・月額共益費
・賃貸料/災害救助法による「県外民間住宅借り上げ」を2年間適用
※費用内訳
入居一時金・・・共用棟及びサービス設備構築費用負担金
月額共益費・・・一般管理費(ゴミ等)、見守り・相談・健康管理システム費、カーシェアシステム費、エネルギー管理システム費、サービス人件費
【補足】
◆電話による健康相談
 医療相談・介護相談・育児相談・メンタルヘルス相談 その他 医療機関情報の提供等
◆みまもり24hによる 安否確認・みまもり・緊急通報・手配・家族への連絡
◆生活相談・サポート(電話・手配・駆けつけ)

お問い合わせは 特定非営利活動法人街づくり支援協会
     大阪市中央区久太郎町1-8-9 船場中央ビル3階
      電話 06-4964-1122
      FAX 06-6266-3142
      http://www.flexlife.net/
スポンサーサイト


拡散・広報 | 22:31:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。