■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いのちと暮らしを守るための署名
<原発事故被害者のいのちと暮らしを守るための署名のお願い>

原発事故から1年以上、放射線被ばくの被害に対して、
一人ひとりの生命・健康や生活を守るための法律がない状況が続いています。
今国会で、与野党からそれぞれ法律案が提出され、審理が始まったところです。

原発事故による放射線被ばくに対しては、自己決定権を尊重し、
その地域から避難・移住する人、
その地域にとどまり生活する人、
避難した後にふるさとに戻る人、
いずれの選択をする人に対しても、国が必要な支援をすべきです。


分断と対立ではなく、多様な考え方を前提として、
それぞれの選択を認める法律が成立することは大きな意義があります。

福島県の中から、そして全国各地から、
民意を示すことが、
原発事故被害者のいのちと暮らしを守るための法律の早期成立にむけての動きを後押しし、具体的な施策の実現する力になります。

今国会でこの法律が成立するか否か。
法律ができた後に、政府が早急に具体的な施策に取り組むか否か。

いま、その岐路にあります。

だからこそ、一人ひとりの署名が、民意として大きな力をもつ状況です。

この署名へ1人でも多くの方がご協力をしていただけますように
心からお願い申し上げます。

インターネット上で行うオンライン署名も歓迎いたしますが
オンライン署名は1回に1人の署名となります。

自筆署名は1枚の署名用紙に、10人の方のお名前をお書きいただけます。
1人でも多くの方に署名いただけるように、まわりの方々にお声掛けいただき、
署名用紙の拡散もお願いできれば大変ありがたく存じます。

↓紙の署名はこちらから(PDFがダウンロードできます)↓
http://dl.dropbox.com/u/23151586/inochi_shomei.pdf

↓オンライン署名↓
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dHlITUlMSGNTOUtmV0FickR4MlllYWc6MQ#gid=0

一次締め切りは4月16日、二次締め切り4月30日、
最終締切は5月末日です。

皆さんのお力をかしてください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト


拡散・広報 | 01:06:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。