■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
佐賀きずなプロジェクト
【佐賀県】佐賀きずなプロジェクトで避難指示区域、自主避難問わず被災者の受け入れをしています
対象者
災害救助法の適用市町村に居住があり、東日本大震災の被災等により佐賀県内に避難される方。原則として本県に当分の間(1か月以上)居住し、継続的に連絡が取れる方が対象となります。

受け入れ施設
佐賀県へ一時避難を希望される方に、生活の拠点となる住宅の提供を行うほか、旅館・ホテル、民泊なども用意しています。
コミュニティ(50〜200世帯)単位から世帯単位まで受入可能な施設を確保しています。
1. 住宅(公営住宅、雇用促進住宅、民間アパート)
2. 旅館・ホテル
3. 民泊
4. その他(研修施設、市町保健センターなど)

提供内容
(1)移動費の支援
「被災地←→佐賀県内の避難施設」の移動(原則1往復)に要する経費について世帯全員分の費用を助成します。

(2)住居への入居
被災者の方の希望にできるだけ応える形で生活の拠点となる住宅(公的住宅、民間アパート、旅館・ホテル、民泊(ホームステイ))の提供を行います。


(3)心身のケア、保健・福祉サービス
佐賀県・市町が連携して専門スタッフによる体制をくんで被災者の方の身体、精神面の相談・支援を行います。

(4)生活用品の支援
公的住宅や民間アパートへの入居時に必要となる家電等の貸与や日用品の交付を行います。

家電等の貸与(最長2年間)
    例)冷蔵庫、洗濯機、掃除機、テレビ、電子レンジ、炊飯器etc
日用品の支給
    例)衛生用品、洗面道具、食器、調理器具、衣類、文具etc   
  入居時の状況に応じて、必要な物品を貸与・交付します。

(5)生活資金の支援
佐賀県への一時避難に必要な経費に充てるため、返済不要の見舞金(1人あたり3万円)を給付します。また、一時的な生活資金を確保するための無利子貸付金(上限30万円/世帯、据置期間1年・返済期間2年)を貸与します。

(6)就学等の支援
幼稚園・保育所、小学校・中学校、高等学校まで弾力的に受け入れます。
転入学を希望される生徒については、特例的かつ柔軟に対応します。
高校生等には奨学金による修学支援を行います。

(7)就業支援
県の短期雇用や中小企業団体中央会、ハローワークなどの関係団体の協力を得ながら実施する「被災者等雇用促進支援事業」により、避難者の方々の雇用の確保に努めます。
なお、全国のハローワークでは、「震災被災者対象求人」として、被災者の方々の求人確保に努められています。ハローワーク窓口で震災被災者であることを申し出てください。


お問い合わせ
【被災者支援チーム】
電話:0952-25-7385 ファックス:0952-25-7386
メールアドレス: hisaishashien-g@pref.saga.lg.jp
スポンサーサイト


避難・疎開 | 20:45:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。