■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
百人百話 「第十一話 志田守さん」
百人百話 「第十一話 志田守さん」について

 IWJ岩上さんのスタッフから電話を頂いた。今度「百人百話 」インタビューが本になるので、名前やハーメルンプロジェクトの活動についての確認だった。確か、昨年9月頃にインタビューを受けた。4時間近いロングランだったので、かなり大変だった。いつもは早口になってしまうので、できるだけゆっくり話すように心がけた記憶がある。

 カメラの前で話すのは、ある程度の慣れもいる。私たちはその辺に関しては素人なのだあが...。何はともあれ、書籍という形で残るのはありがたい。3月頃発刊との話だった。彼女も幼い子どもの母親。東京に住んでいるが、いろいろ心配だと電話の向こうで切実と今の状況を話してくれた。

 お腹がすいたので、近所のそば屋さんに食べに行った。蕎麦切りあなざわ。HPもあるので近所の方はぜひ、ご正味下さい。火曜日定休で午前11:00〜午後3:00。夜は営業していない。

 極上蕎麦切りを初めて注文。昨年、鴨ソバが美味しかったので、作り方を尋ねたが、企業秘密との話だった。ネット等で調べて、妻と子どもたちに作った。流石に、こちらの店の味は出ない。そのことを話したら、「でも、愛情がありますから、美味しいですよね」と笑顔で返事してくれた。

 さて、注文のソバがテーブルに来た。繊細な味である。すると、もう一皿来た。???「極上蕎麦切りが、お客様の注文で最後になり、量が少しすくなってしまったので、こちらも宜しかったら食べて下さい」とのお気遣い。普通のもりそばと極上蕎麦切りの2種類を堪能できた。2月1日。気持ちの良い日だった。節分は、家族そろってできなかいだろうが、鬼退治をする気力が現れた気分である。政府や東電、そして原発関連企業や融資銀行などが対象だ。

 郵便が届いた。中を見ると、「阪神大震災」と「兵庫の農・食・いのち」の新聞切り抜きコピーだ。毎日新聞の尾道支局の記者からである。なんと1月28日の広島版に私の記事が載っていた。「子どもは福島県外へ〜政府に不振 自分がやる」との威勢のいいタイトルだ。まぁ、私がそんなことを話したからだが...。今夜は仕事がないので、一つひとつ目を通して、読ませて頂こう。

 電話がもう一本鳴った。大学で講師をしている方のご主人と話す。連れ合いの就活のお手伝いをすることになった。こんな状況なので、頼めば何とかなる。まず、行動ありき。外は、しんしんと雪が降っている。放射能がなければ、子どもたちは元気に遊んでいるはず。
スポンサーサイト


未分類 | 17:30:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。