■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
年末年始
年末から年始にかけて、関西に行っていた。そのためブログをかける環境になかったため、更新が遅れてしまいした。その間、いろんな方と出会う。関西(岡山、香川)方面に避難している家族との交流会もあった。一昨日は知人の通夜に出席。息子さんはまだ若いのに喪主を経験している。その場で旧知の方にも会えた。ハーメルンプロジェクトのジョイントチームもできた。もうすぐ、アップできるだろう。

昨日、郡山に戻ると雪。ノンストップの新幹線が雪をかきあげて目の前を通過して行った。雪の日の線量も高い傾向があるので、すぐに退散した。帰宅すると、地震の洗礼を受けた。今年になってから、その回数が多いのが気になる。

事故は収束に向かっている原発の安全性を高め、速やかに再稼働をという政界、官界、財界の根拠のない楽観的空気が流れている。除染にそれが象徴される。除染は効果的なのか?学校周辺など生活圏の除染は可能だが、森林などの生態系の除染は不可能に近い。土壌汚染、生物濃縮、食物連鎖濃縮、そして流通を通じての汚染の拡散が生じている。

野田内閣。依らしむべし、知らしむべからず、という政府の姿勢の限界が見える。もっと福島県民の活動を真摯に捉え、私たちの活動から多くを学んで欲しい。私たちは政府を信用していない。政府と私たちに「信頼」がない関係で、心配されてもピンとこないのが実情なのだ。

 人間の祖先は40億年前にこの地球上に現れてから、紫外線と放射線との戦いがあった。奇形もどんどん生まれたが、長い年月を経て進化を続けることで、放射線に抵抗できる免疫システム体系を手に入れてきた。その結果、いま紫外線や放射線の影響を受けても、地球上で毎年生まれれる新生児10万人のうち、1人くらいの奇形が生まれるレベルにまで免疫を高めるようになってきた。

 年間何ミリシーベルト以下だから大丈夫ですというのは大きなウソ。自分で自分の身体を守るしかない。特別な方法はないことを肝に銘じよう。放射線に対する免疫力を弱めないように、健康に生きることが要求される。

先ほど妻から電話があった。娘のいとさんがカゼを、それをみんなでシェア(?)している。少し耳が遠くなっているのでもしやと思っていたが、おうくんは滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)と診断された。もちろん、ママもうつされた様子。まぁ、みんなで早めに寝て下さい。

それにしても、郡山は寒い。部屋の温度は2度。毛布を一枚多めに重ねて寝よう。ただし、21日の岡山での講演会用のレジェメを明日までに作らなくてはいけないので、寝るのは2時頃になるだろう。
スポンサーサイト


未分類 | 22:10:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。