■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第3回市民会議報告
以下、保養班 世話人の吉野さんからのメールを紹介します。ハーメルンプロジェクトからは郡山市議会議員の滝田さんに出席して頂きました。
............................................................................
これまでのMLでも投稿がありましたように「原発事故 子ども被災者支援法」が成立し、個別法制定&予算化に向けた活動が始まりました。このほど市民側で意見を交わすための「市民会議」ができ、第3回(9/21)の協議に参加してきましたので、保養班の世話人の一人として報告します。

第3回市民会議では、活動の充実をめざして5つの部会が作られました。
1.線量の測定や支援対象地域の設定について考える部会 世話人:福田さん(SAFLAN)
2.健康診断や医療について考える部会 世話人:CRMS福島、FoE、ふくろうの会
3.在住者支援について考える部会 世話人:菅波さん(SAFLAN)、滝田さん(ハーメルンプロジェクト)
4.避難者支援について考える部会 世話人:中手さん、東田さん(札幌むすびば)
5.広報や情報、マスコミについて考える部会 世話人:白石さん(アワプラTV)、中山さん(子ども全国)

 子ども福島ネットの世話人からは、避難者支援部会に中手さん(市民会議代表)が、在住者支援部会に吉野が入りました。さっそく持たれた【在住者支援部会】の話し合いにはいわき市の弁護士=菅波さん(SAFLAN副代表)や郡山の3Aのみなさん、郡山市議でハーメルンプロジェクトの滝田さんもご参加でした。会津からもどなたかいらしゃれればいいですね、、、。

 そこで出された意見の主だったものや、9/25に郡山3Aで開かれた協議内容を以下にまとめました。在住者支援として入れたいものはこのほかにも多々あると思います。是非、多くのご意見をいただきたく思います。

【 】で記したテーマごとに追記や修正が分かるように赤表記、書体変更などでご記入&リターンください。また必要に応じて新しいテーマ立てもお願いいたします。時間が少なくて申し訳ありませんが、10月2日を目途にご検討いただければと思います。

検討された項目を弁護士さんに整理いただき、個別法実現への基礎資料にしてもらいます。10月13日に郡山市労働福祉会館大ホールで開催される「福島フォーラム」でも議論の元になる可能性があります。

SAFLANの梓澤さんからは次のようなご発言がありました。非常に感動しました。こうしたお気持ちの方とご一緒できることは、(このような事態ではありますが)幸福なことだと感じました。
「私たちは一体どうやって人間的に生きて行きたいのか?人間的な声を届けて行う・・・官僚たちに響く声で」


【在住者支援部門】でのディスカッション

★在住者支援としては『被曝の低減』が最大の課題

【支援法の課題】
●311現在、住民票があった人だけが対象・・・2011年4月転入者なども含めて行く(県外も対象に)
●対象地域 福島県は全範囲を対象に(低汚染地域と高汚染地域を分ける)・・・現在の住民を優先して対応

【検 診】
●県民健康管理 調査をやめ、国(厚生労働省)主導による検診を充実させる(避難者を含む) 
●データベースの開示(敢えて放影研を誘致する?=医大だけに担当させない)
●甲状腺検査に立ち会える・画像を見ながら説明が受けられる・血液検査も行う(ホルモン検査含む)
●WBC検出限界下げる・厚労省(国)主導で定期的に実施・・・初期のヨウ素被ばくを忘れないこと!
●尿検査の導入・・・尿検査による被ばく量推定の精度アップ
●保養先での検診機会の確保(県外避難者も対応。いざとなった時に全国規模で対応可能に)


【保養】
●誰でもが保養に行く仕組み作り(民間ベースの夏休み保養+クラス単位の行政連携保養=移動教室)
●就学前や乳幼児向けの保養実現のため、働いている保護者に保養休暇を補償する
●地域と地域の関係性を考慮した保養(21泊×年2回)?移動教室の実現!・・・別添

【給 食】
●アドバイザーの派遣・詳細な検査体制・学校による差をなくす(良い取り組みの学校等を参考に)
●移行係数が土壌によって違うので、食品基準を見直す
●近隣県も調べ、県による食品検査体制&基準の格差をなくす
●病院食にも問題あり(測定機と人員を配置)
●≪そもそも論≫水際では大変なので、生産者側で食い止める方が良い=検査体制拡充+厳格な基準+補償

【ハード面】
●学校教室にエアコン設置・室内温水プール・線量計の配布
●空調完備の屋内運動場(屋内遊び場=シェルター化)
・・・利用する子どもの年齢による区分け 特に低年齢児や障害児への配慮
●仮置き場の早期決着(中間貯蔵施設)
●仮置き場、仮仮置き場についての説明責任・・・埋めた場所の見える化

【福島原発の二次的災害への対応=これからの避難】
●避難区域の見直し・避難経路の確定(住民が提案する方が早い?)
●地域に初期被ばくを避けられるシェルターを(ある程度おさまってから避難する)
●避難訓練の徹底(事態毎のシュミレーション)・情報伝達経路の確保・ヨウ素剤配布の徹底

【その他】
●当事者である子どもへの説明責任(どのタイミングで何をどのように説明するか)
●対象年齢制限を設けない(ヨウ素剤配布と同じ40歳まで優先?)(年ではなく、学年ごとに対象化)
●野焼きなどの対応・汚染ゴミの処理を厳格化
●除染に関する意識のバラツキを無くし、住民の不安に寄り添ったものとする(十分に慎重な基準への統一)
●措置の遅れに対する罰則(管理責任を問う)・・・訴訟請負人を育成する

また、各部門では次のような意見が出たそうです。これへの追加などもお寄せください。

【支援対象地域の設定部門】でのディスカッション
 ●1mmシーベルト/年  外部線量だけではだめ
 ●汚染はまだら状になっている・・・誰を支援対象とするか(漏れた人も拾っていく)

【健康診断・医療関連部門】でのディスカッション
 ●健康などに関して要望書を出している団体から意見をもらう(既出情報も集める)
 ●県ではなく、国で担当してもらう。環境省から厚労省に移管してもらう。 学校検診での実施
 ●支援対象地域以外の方をフォロー。監視する第3者委員会を作る ※例)国会事故調査委員会
 ●支援者手帳=健康手帳(各個人が持っていて、何処に居ても検診できる制度)を作る

【避難者支援部会】
 ●避難者情報や避難者支援情報を全体で共有するための仕組みづくり(既存制度の柔軟利用も?)
 ●避難者支援センターの設置・・・各行政にも窓口を・受入側にも窓口を
 ●避難者との意見共有・・・体系化を目指す

【広報・情報部門】でのディスカッション
 ●マスコミ訴求を行う・・・定期的なブリーフィング実施(メディアリストのすり合わせ)、
 ●CIの設定
 ●「私は支援法を応援しています!」有名人を募る
 ●東京を撒き込むムーブメントを起こす。他人ごとではなく、自分ごとであるという認識を持ってもらう

スポンサーサイト
拡散・広報 | 20:49:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
近況報告
国外保養サハリン第2弾チーム担当者から下記・概略報告のメール。

19日に無事帰国。翌20日元気に福島の自宅へ帰りました。今回、北海道(稚内港)からサハリン(コルサコフ港)へは船で往復とも移動。

10日、夕刻 コルサコフ港に入国、近江理事長、金子教授の出迎えを受け、<入国手続き約2時間要>
福島班は サンナトリューム“チャイカ”のバスで移動。
札幌・市民ミュージカル班は、当方手配のバスでユジノサハリンスクへ移動出来ました。

“チャイカ”福島班は ロシア児童達のプログラムに合流し、スポーツ、食事等々、沢山・貴重な経験をさせて頂きました。

途中、コルサコフ市、ユジノサハリンスク市へもでかける素敵なプログラムでした。
.............................................................................................................
詳しい報告がないので詳細は書けないが、サハリン保養プランは大成功だった。福島の子どもたちを放射能被曝から守るためには必要な活動である。ハーメルンプロジェクトとしては、今後も、外国への保養を兼ねた文化交流使節団を送りたいと考えている。

今度はオーストラリアへの保養プランが来ている。ハーメルンプロジェクトが事務局になる。来年の1月になると思うが、詳細が分り次第告知します。

わが家の事情。淡路島へ移住を考えてきたが、間に入ってきた人の手違いで、借りられるのが2年間限定になった。2年では困る。で、急遽新たな家捜しが始まった。もしかしたら、岡山に戻る可能性も浮上。まぁ、人生いろいろある。

これが難民の宿命なのだろう。野田総理を始め原発推進派の皆さん、お分りになりますか?貴方は暴力反対声明を出していますが、国のトップが弱い立場の人間を守ろうとしない。少数の金持ち優遇。どう思われますか?

郡山市の知人からも安心な西の卵が欲しいと連絡を受けた。了解しました。何とかしましょう。

避難・疎開 | 18:57:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
「語り愛」
あったかファミリー運動の黒住さんから、連絡を頂いた。10月8日に大阪でパネリストとして呼ばれているが、その前段階として打ち合わせを兼ねての集会である。

わが家も岡山から淡路島へ引っ越しして、ひと月が過ぎた。明日正式に話し合いが行われて、淡路に住むかどうかが決まる。宙ぶらりんの状態が続いているので、正直困っている。これも、避難者の義務???

毎日、骨休みの意味で、のんびり庭の手入れなどで時間をつぶす。もし、住むことになれば、畑も借りたい。栗の木でも植えようかと思う。西宮から淡路島に引っ越してきた方と話したが、彼は畑に3反程、イチジクを植えた。一見不便そうな淡路島に来たのはそれなりの理由がある。

生き方の選択肢の問題である。大都市で、仕事をして給料をもらうのが良いのか悪いのかわからないと言う。何か違っていると感じたそうだ。その直感は正しいし、間違っていない。そんな若者が多いのも事実だ。

「今の社会・人はある意味、飽和社会に取り残され、行き場のない今日と明日を行き来しています。簡単にいえば、どう生きていいのかがわからないということなのでしょうか。」と知人は話していた。自由人”高橋 歩”氏が評価されているのも、その延長にあるのだろう。夏に発行された”DREAM ACTION”では、ハーメルンプロジェクトの活動も告知して頂いた。

動くことによって、人に出会う。人の話を聞くことによって、内容が深まる。そして語ることによって、広がってゆく。ただ、何もかも首を突っ込んでしまうと身動きがとれなくなるし、心身のダメージも受ける。そうならないように、範囲を決めて、ゆったり行動したいと思う。継続は力なり。

サハリンの第2弾チームも無事帰国した。今後、ロシアへの保養への筋道はある程度、確保できた実感がする。資金面で苦労しているので、ぜひ、継続的なご支援もお願いします。

「語り愛」 第153回  ティーサロン

気軽に集って楽しい場
平成24年10月4日(木) 13:00〜15:00
    
参加費 1000円(お食事・お茶付)  
〒532ー0002
大阪市淀川区東三国4-4-15 コラム新大阪2階
TEL・FAX 06-6394-6081 
アクセス 地下鉄御堂筋線「東三国」駅下車 2番出口 3分                                       
カミノジュエリーブライダル 担当 葛西             

ゲスト   ハーメルンプロジェクト代表:志田 守
テーマ  「福島の想いを語る」
     
プロフィール
3.11東日本大震災による原発事故後、「子どもを放射能から守る」を理念とし、福島の子どもを、国内や海外に一時保養、避難させる活動をおこなう『ハーメルン・プロジェクト』を設立。
震災直後(2011年)の夏休みには、県外の保養団体と連携して、約500人を一時保養させる。2012年の夏休みには、ロシアサハリン文化交流保養も含め、国内でも積極的に保養活動を行う。
現在、兵庫県淡路島に妻と7歳と4歳の子どもを避難させ、自身は郡山市と淡路島を行き来中。

拡散・広報 | 19:04:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
野田総理への申し入れ
FoE Japanの満田から転送です。
ピースボートのイニシアチブで、急遽、下記のような申し入れを野田総理に行うこととなりました。FoE Japanも連名することにしました。
賛同団体を急募しています。今日(9/11)の20時までだそうです。連名可能な団体は、下記のフォームまたは、直接ピースボートの大畑さんまでご連絡ください。

ピースボート(申し入れフォーム):大畑さん
メールアドレス:soichiro@peaceboat.gr.jp

----------------------------
要望書

2012年9月11日
内閣総理大臣 野田佳彦 殿            

 国民の意思に従い、新しいエネルギー基本計画における、可能な限り早期原発ゼロ実現の確約を!
 また、大飯原発の即時停止を!
 そして原子力規制委員会人事白紙撤回を!

 政府は、この夏「エネルギー・環境に関する選択肢」を国民に示し、「国民的議論」として、全国での意見聴取会、討論型世論調査、そしてパブリックコメントの募集を行い民意を問いました。
その結果は、総理自身がよくご存じのように、意見聴取会では約7割、パブリックコメントでは約9割の人々が「2030年までのなるべく早期に原発比率をゼロに」という「ゼロシナリオ」を支持、約8割の人々が即時原発ゼロを求めました。
総理には、この結果を受けて新しいエネルギー基本計画に2030年よりも可能な限り早期の「原発ゼロ」を明記する義務があります。なぜなら、それは、「原発ゼロ」という選択肢を総理が責任を負う政府自らが国民に提示し、政府自らが決めた方法にのっとり国民が「原発ゼロ」を選択したからです。もしも、それの義務を果たされない場合、総理は自らの言質を偽り、国民を裏切り、民主主義を踏みにじった総理大臣となります。

一方で「関西地域で今夏、大飯原発を再稼働させなければ電力が不足する」ということが事実に反することも明らかとなりました。この間、一貫して大飯原発再稼働に反対をしてきた私たちは、改めて、大飯原発の即時停止を求めます。
すでに、電力不足という根拠を失った今、破砕帯問題をはじめ専門家から指摘されている深刻な安全性の問題を無視し大飯原発の稼働を続けることは、福島第一原発の事故後の社会において、総理自らが住民の生命と財産を故意に危険にさらす決断をなされたこととなります。

また、私たちは原子力規制委員会人事案の白紙撤回も要求します。福島第一原発事故を引き起こした原子力推進行政の一端を担い、低線量被曝の影響を軽視する人物が委員長候補となっているこの人事案は原子力規制委員会設置法第7条の規定や政府自らのガイドラインにも反しています。
もしも総理が官邸前の抗議行動や多くの署名活動を無視し、国会の同意さえなくこの人事を強行されるなら、もはや民主主義国の総理とは言えないのではないでしょうか。

私たちは、未だ「収束」とはほど遠い福島第一原発事故の現状と、今も16万人もの人々が避難生活に苦しんでいる福島の現実に対して総理が真摯に向き合い、民主国家の総理として最低限の義務と責任を果たし、人として最低限のモラルを守られることを求めます。

以上


--
満田夏花 MITSUTA Kanna
携帯:090-6142-1807
国際環境NGO FoE Japan/tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219
メコン・ウォッチ/tel: 03-3832-5034 fax.03-3832-5039

【ご支援を】FoE Japan原発チーム、活動を続けていくため、みなさまからの暖
かいご支援をお待ちしております!
http://www.foejapan.org/join/donation.html#01
寄附サイト「Give One」でオンライン寄付を受け付けています。
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10270

拡散・広報 | 16:17:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
札幌むすびば保養情報
今年も、昨年の参加者を対象におもいっきり夏休みin北海道2012を実施し、8月25日、子どもたちは無事福島に戻りました。保養プログラムを実施した仁木町の“山の家”を札幌恊働福祉会では、年間を通じてシェアハウスとして今夏から、無償提供することにしましています。

ご活用いただければ幸いですと、札幌恊働福祉会&むすびばの富塚さんからメールを頂きました。

保養施設を無償で提供しています。自炊が原則ですが、乳幼児のいる母子の利用の場合は、見守りボランティアなどのサポート体制をとります。また、新千歳空港や苫小牧フェリーターミナルなどへの送迎も可能です。
お気軽にご相談ください。

社会福祉法人 札幌協働福祉会 「山の家“きょうどう”」
(余市郡仁木町東町緑ヶ丘114)

仁木町
札幌から58km。余市町を隔てて日本海石狩湾に面し、対馬暖流の影響で四季を通じて温暖多湿。人口は4,000人弱。主な、産業は農業と観光。とくに、果物の産地として知られ、5月から8月にかけ、主に、イチゴ・サクランボ・ブルーベリー・メロン・ミ二トマトが出荷されます。

1 使用可能な日時 いつでも使用可能。(冬場も使用可能)
          短期でも、1ヶ月を超える長期スティも可。無償提供、水道光熱費の負担なし。
2,施設  2階建て、10畳8室、食堂・厨房・食器有り、トイレ各部屋水洗、浴場あり、洗濯機あり。 
      駐車場あり。使用可能な車を常時、1台配置。
3,炊飯器や食器等日常生活に必要なものはすべて揃っています。
4,アクセス  札幌より高速利用し、車で90分くらい。
5,近隣施設  「山の家」がある冷水峠は標高320mの場所の位置しています。
        日本海が遠望でき、夜になるとイカ船の漁火が見えます。
        車でおよそ15分で、買い物、図書館、温泉(周辺に多数あり)、病院など便利です。
6, 携帯電話/Softbankは100%通話できますが、
  AUとドコモは室内だと通信状況が悪く、建物外だと問題なく通信できます。
  なお、共用の固定電話を設置しています。
7, インターネット回線あり。
8、シェアハウスなので、同宿者と協力連携して、楽しく過ごして下さい。

[お問合せ・申込み]
 富塚 廣  TEL 090-1306-0314
       Mail: node@mint.ocn.ne.jp

社会福祉法人 札幌協働福祉会
〒002-8055 北海道札幌市北区篠路町福移 147-3
URL : http://sapporo-kyoudoufukusikai.jp

保養 | 20:25:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
東京で合同就職面接会を初めて開催します!
<拡散希望>岡山の緊急雇用対策室から連絡を頂きました。下記、ごらん下さい。避難者にとって、雇用は大事です。昨年、北海道庁から福島県に向けても同様の支援がありましたが、今回は岡山県からです。

本来は、福島県が先陣を切って、私たち避難者に向けた環境作りをすべきですが、残念ながら、期待できません。フクシマに残れば、安心です,安全ですの原子力推進派のデマゴーグに振り回されてしまいます。しかし、フクシマを離れれば、その問題に悩まされることはありません。

そのため、ぜひ、避難・移住を考えて下さい。子どもを放射能被ばくから守るために、まず、幼い子どもを持つ親が情報を収集し、その上で、正しい危機意識を持ちましょう。松本市菅谷市長の出された書籍(例えば、ぼくとチェリノブイリのこどもたちの5年間)などを手元において、ぜひ読んで下さい。

3.11以降私たちが日常生活のレベルにおいて、もっと卑近な形で内なる「野生の思考」に向き合う機会を与えてくれるのは、私の脳裏を去来する夢かもしれないが、その夢をみんなで見れば、実現する、、、。

*   *   *   *   *   *   *
東京で合同就職面接会を初めて開催します!【11月2日:都道府県会館】

 日時 

   平成24年11月2日(金曜日)      
   13時00分〜16時00分

 場所
   都道府県会館 101大会議室
    (東京都千代田区平河町2ー6ー3)   
 参加企業
   約15社を予定
   確定次第、ホームページに掲載します。
 問い合わせ
   おかやまIJUターン合同就職面接会事務局
    Tel:086-801-7811
チラシ(PDFです) [PDFファイル/1.12MB]
くわしくは、こちらをご覧ください。 
「おかやまIJUターン合同就職面接会in東京」専用サイトへ

拡散・広報 | 12:17:42 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。