■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ここカフェ郡山(7回目)
ここカフェ郡山ひらきます (^ー^)ノ

7月28日 (土) 11:00〜16:30

7回目のサロンです (^^♪ 
ご協力してくださっている皆様、重ねてご参加の皆様本当にありがとうございます

※ご支援の輪が広がりました。
当日、東京麹町にある人気イタリアンレストラン
エリオロカンダイタリアーナ』さんより
おいしくベクレルフリーなパンが届きます!!
『エリオロカンダイタリアーナ』さんの味方さんは同職員の藤井さんとともに飲食セーフティネットワークを立ち上げ、ベクレルフリーで安心安全な外食を楽しんでいただくための、レストランネットワークづくりを頑張っています。
飲食セーフティネットワーク

代表の藤井さんは(超美女)お母さんやお子さんが安心して外食できる環境づくりを 3.11以後取り組んできました。子供たちを放射能から守る全国ネットワークにも参加しています。

13時〜14時 西の野菜販売会
※送料は募金を活用し現地と同じ価格で販売
岡山県の『菜食キッチンびおたん&地元野菜と自然食品店サアム』さんからクール便で送っていただきます。
今回は、キュウリやナス、トマトなどの夏野菜と『赤シソ』が届きます。
夏バテ予防と免疫力アップでシソジュースづくりなどいかがてすか?
※お子さんが保養に出かけている方も多いと思います。
 この機会に、ゆっくり遊びに来てください(^o^)丿

チラシもあります!
お伝えするときにお使いください。

https://docs.google.com/open?id=1yjznnkP5EyLCUtASthf-sa_Ebf4svo70Kay9hN64Dbju1ChpxA-BTJFAOKYI

14時〜15時30分
『内部被ばくを生き抜く』DVD鑑賞会(上映会ではありません)
交流サロンしんせいさんのDVDで大型テレビにて鑑賞します。
先着申し込み10名さま (お席に限りがあるので申込みお願いします)

申込みは cococafe2012@gmail.com

みなさまのご参加をお待ちしています\(^o^)/

場所 交流サロン「しんせい
〒963-8022 郡山市西の内1丁目25−2
☆彡太田西の内病院正門前、駐車場あります

スポンサーサイト
拡散・広報 | 23:18:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
「サマーキャンプ」への招待
こども未来へのかけはしin所沢」の出浦さんから、保養プランの案内を頂いた。2泊3日
だが、参加したことで思い出に残るプランにしたいと熱く語ってくれた。

「サマーキャンプ」への招待
埼玉でおもいきり遊びませんか。
今回の宿泊場所は埼玉県入間市の青少年活動センターです。キャンプ場、体育館、グランド、川原等おもいきり遊んでのんびりできる施設です。地元の親子と交流しながらのんびり楽しく過ごしてみませんか?


■日程 8月21日(火)~23日(木)2泊3日
【集合解散場所】福島県参加者近隣数拠点への送迎予定(福島市、郡山市、二本松市、川内村等)※集合時間は朝7時位から順次拠点へ、入間出発14時

■内容 ・飯ごう炊さん、川原ハイキング、体験教室(音楽紙芝居、ダンス、オカリナ、パン作りを夏休みの自由研究等に取り入れてみませんか)
※ハイキングは基本お子さん参加で、親御さんはアロママッサージ、水彩画等でリラックス(小さなお子さんは親御さんと一緒)
・地元の親子との交流会


■対象 小中学生の親子20名 (先着順)
※兄弟に小さいお子さんがいるなどお気軽にご相談ください

■費用 2泊3日で大人1人3000円、こども1人1500円
(交通費、宿泊費、食費、保険代込み)


■場所 埼玉県入間市 入間青少年活動センター
 宿泊施設(和室10部屋※親同士、こども同士、男女別(小さなお子さんはご相談ください)、浴場、トイレ、キッチン、洗濯機等完備)、キャンプ場、グランド、体育館、BBQ場、※周辺施設、八津池、コンビニ、ドラックストアー、病院
※入間青少年活動センター 連絡先TEL04-2962-1005


お問い合わせ・申し込み・資料請求
「こども未来へのかけはしin所沢」ホームページ http://kodomo-mirai-t.jimdo.com/
連絡先: kodomo.mirai.t@gmail.com 電話:04-2942-5944(事務局・あげいし)まで

キャンプ | 20:29:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
香港保養に向けて
香港保養のお世話をして頂いている東京のスタッフからメールが来ました。受け入れ団体の苦労もあります。そして送り出す親御さんの悩みもあります。多くの子どもたちにとって初めての海外。いろいろ心配もあるでしょう。

そもそも子育てをしていると、ハラハラ・ドキドキする場面に出会います。それでも、子どもは逞しく、何度か転んだり,スリキズをこさえたりしながら、成長してくれます。

今、隣で4才の娘が枝豆を食べています。そのままかじっているので、動物が食べ残した感じですが、それも愛嬌。そうやっているうちに普通に食べることができる。ある意味、夢の時間で子どもは過ごします。親はちょっと現実を離れて、わが子を見守るのが、、、いいのでしょう。

サハリンチームも来週出発。私も息子と一緒に参加します。息子は飛行機に乗るのが楽しみ。メンタルサポートセンターの近江さんから提案を頂いた。「ハーメルンプロジェクトはNGO(国際的な民間組織)として活動しませんか」と。一考の価値はあるかも、、、。


以下は、香港チームのスタッフからのメールです。

チケットの名前が違ってたなど、ここだけの話ちょっとあわてましたが、なんとか大丈夫そうですね。あす、夕方に空港に着くまでには、訂正などは終了していると思いますので、念のため、Aさん(香港主催者)が送ってくれたチケット予約表には予約番号などが書かれているので、プリントアウトして持って行って下さい。添付しておきます。

昨日、今日で参加者の皆さんには連絡を入れ、とりあえず準備は万端、ということでした。香港に行ってしまえば、参加者と香港の皆さんとのあいだでの協力や話し合いなどで、いろいろと解決する課題も出てくるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

後ほど、緊急の連絡先として、宿泊所の住所とAさんと私の携帯電話の番号を、参加者にメールしておきます。

それと、参加者のBさんですが、電話でお母さんから、夜寝ているときによく鼻血がでるので、枕元にティッシュかタオルを用意してもらえると布団などを汚すこともないのでありがたい、とのことでした。疲れたり体温調整がうまくいかないときにでるそうです。もし宿舎に余分なタオルがあればそれで、なければトイレットペーパーをひとまき枕元に置いておいてあげてください。お手数ですがよろしくお願いします。

あと、変圧器とコンセントタップですが、よろしくおねがいします。Cさんのお母さんから、デジカメが古くバッテリーがすぐなくなるので、変圧器とタップをひとつ持たせる、とのことです。おそらく毎日充電しないと使えないということだとおもいますので、2台あると安心です。

それでは?!

保養 | 17:40:18 | トラックバック(0) | コメント(1)
福島の子どもたちを“ちくご”でおもいっきり夏休み
「九州北部豪雨」では、死者・行方不明者が合わせて30人を超えており、水につかったり壊れたりした住宅が3000棟に上るほか、農地や道路などにも大きな被害が出ています。

バケツをひっくり返したような雨が数時間続いた。茶畑だけでなく、道路は波打ち、所々で陥没している。谷川の形が全く変わってしまった。土砂で覆われた水田を。田の水の取り入れ口があちらこちで埋まった。枯れる稲も出てくると嘆く現地の方々の声。

福島の人を受け入れてくれる余裕もないのが現実です。予定していたホームステイ先への道路が分断されていたり、お寺も水浸し状態になったと実行委員代表の梅崎さんから話を伺いました。

九州の人々を応援する意味で、福島からご家族で参加してみるのも如何でしょうか?不思議の国のアリスなら、こう言うかもしれません。「誰かを助けている事は自分が助かる事。困っているのは困っていない事。全てがあべこべなの」と。福島と九州の方が一緒に話をする。それが貴方の励みであり、相手への励ましにもなります。


福島の子どもたちを“ちくご”でおもいっきり夏休み
1 .開催期間
平成24年7月21日(土)〜平成24年7月29日(日)

2. 活動場所(「九州北部豪雨」の影響で受け入れ先の変更がありますので、ご了承ください)主に久留米市、八女市、筑後市、大木町、大川市、柳川市、みやま市、大牟田市

3.費用
・福島の子ども、保護者の交通費(仙台〜福岡間の航空運賃)、宿泊費は実行委員会にお寄せ頂いた寄付金等で賄う。
※ 滞在中の7日(約20 食分)については実費負担となります。

4. 参加対象者
福島の幼児・小・中学生 保護者 約6〜8名(3家族程度)

5. 参加者受け皿について
現在1 軒の空家提供がある。空き家については、基本自炊。電気・水道などは自由にお使いいただけます。八女・柳川で、3件のホームステイ受け入れ承諾をいただいている。食事については受け入れ家族と相談の上決めていく。また、参加家族に担当者を決め、企画に賛同頂いたNPO 団体及び個人や、久留米商業、九州大谷短期大学のボランティア学生などでおもてなしをする。

6. その他
当実行委員会における、出来る限りのおもてなしの心で皆様をお迎えいたしたいと思いますので、ぜひ皆様の参加をお待ちいたしております。

問合せ 福島の子どもたちを“ちくご”でおもいっきり夏休み 招待実行委員会
代表 梅崎浩平 Tel: 090-1979-9527
Mail: k_umezaki5119@yahoo.co.jp

続きを読む >>
拡散・広報 | 10:41:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプ
 マスノさんから連絡がありましたので、再掲載致します。「ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプ」の贅沢を味わうのはこれを見ているあなたです。今からでも間に合います。一人の参加者でもOK。十分な誠意を持って迎えてくれます。ぜひ、『ハーメルンプロジェクトのブログを見た』と言って下さい。でも言った後は、私たちの事を忘れて下さい。私にも小さな子どもが二人います。その子どもたちのために、もっと家族を大切にしたいと思っています。わが家は、今、関西に避難しています。子どもとの時間を大切にしたい、、、。それが私の願いです。


 石川県のマスノマサヒロと申します。
表題の「ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプ」実行委員会代表です。

 福島の子どもたちを招いての交流キャンプを企画しましたが、申し込みが少なかった福島の参加者からキャンセルが相次ぎ、結局ゼロ、振り出しに戻ってしまいました。開催は今月の29日からでもうあまり時間はありませんが、一応参加要項をより参加しやすいものに変更しました。下記の通りです。関心のある方がいらしたら、ぜひお問い合わせください。

*****
 ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプは、出会う可能性が非常に低かった福島と石川の子どもたちが3週間を共に過ごし、未来を切り開く力にもなる友達になってもらいたいとの夢を描いています。金沢の森や能登島の海に包まれ、元気な子はますます元気に、今は静かにしていたい子はなんの遠慮もなくそのままで過ごせるような、大家族をイメージしています。原発事故という災いを少しでも多くの福に転じることができるなら、このキャンプもそのひとつでありたいと思います。詳細は、http://www.fk-kids.com/ に掲載されていますので、ここでは変更点を含め簡潔にご紹介します。

●会期 7月29日〜8月18日

 一次会場 医王の里オートキャンプ場 7月29日〜8月6日
 二次会場 能登島勝尾崎キャンプ場  8月7日〜8月13日
 三次会場 金沢キゴ山少年自然の家  8月14日〜8月18日 

 当初は全日程参加を条件としていましたが、改め、会場ごとの部分参加も受付ています。ただし、プログラム内容の関係で三次会場のみの参加は受付ていません。

●参加費 2万円(参加日数にかかわらず、一律です)

 その他詳細はお申し込み後に直接お話して詰めたいと思います。計画ではこちらで用意する大型バスを利用して福島ー石川間の往復を考えていましたが、少人数が予想されるため、ほかの公共交通機関を利用することになりそうです。

お問い合わせは、マスノまで
 kazesan63@gmail.com
 Tel/Fax 076-287-6824

参加お申し込みはホームページからでもできます

続きを読む >>
拡散・広報 | 00:22:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
<鳥取県智頭町>「地域おこし協力隊員」3名募集
<鳥取県智頭町>「地域おこし協力隊員」を3名募集します!!

鳥取県智頭町では、農村の活性化に意欲のある都市住民を受け入れ、地域における活動をとおして地域力の維持及び強化を促進するため、都市地域から智頭町へ転入して地域おこしに取り組む「地域おこし協力隊」の隊員を募集しています。

仕事・業務概要
①歴史的な町並みを残す智頭宿の観光活性化のための活動
②鳥取県伝統的建造物群保存地区である板井原集落の保存活用活動
③重要文化財「石谷家住宅」の活用活動

募集対象
・年齢が平成24年4月1日現在で20歳以上40歳以下の男女
・次に該当しない方
①成年被後見人及び被保佐人
②禁固以上の刑に処せれら、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
・生活の拠点を現在住んでいる3大都市圏あるいは政令指定都市等から智頭町に住民票を異動することができる方

※3大都市圏:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県
・普通自動車運転免許を持っていること
・パソコン(ワード、エクセル及びインターネットなど)の一般的な操作ができること
・智頭町内に居住できる方
・地域住民として、地域おこしに積極的に取り組める方

募集人数 3名

勤務地
①塩屋出店 ②板井原集落 ③石谷家住宅

勤務時間 1日7時間45分、週5日を基本とします

雇用形態・期間 臨時職員
平成24年9月1日から平成25年8月31日まで(1年単位で更新し、最長3年を限度に再任します)

給与・賃金等 月額166,000円(社会保険料等の本人負担分が差し引かれます)

待遇・福利厚生
住居は、智頭町が用意する住宅に居住していただきます。借上げ料は、町が負担します
但し、光熱水費、通信費、燃料費等は負担してください
社会保険、厚生年金、雇用保険に加入します

休日・休暇
休日は、祝日及び年末年始(12月28日から1月3日)

有給休暇(月に1日)
申込受付期間 2012年07月13日〜2012年07月31日

選考の流れ ・応募方法
別紙の応募用紙にご記入のうえ、履歴書を添付して締切日までに智頭町企画課に郵送又はお持ちください
・人選
書類及び面接による審査を行います(※応募の秘密は守られます。)
①一次審査(書類審査)
「智頭町地域おこし協力隊隊員応募用紙」
「市販の履歴書(JIS 規格形式A4 サイズ)」
②二次審査(面接による審査)
智頭町内を会場に面接による審査を行います
面接予定日は平成24年8月初旬です
※面接会場への移動にかかる経費は応募者負担となりますが、一部助成いたします。

お問い合わせ先
企画課 米本勝彦
〒689-1402 鳥取県八頭郡智頭町智頭2072-1
TEL:0858-75-4112
URL:http://www1.town.chizu.tottori.jp/

拡散・広報 | 08:10:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
子ども未来応援プロジェクト
子ども未来応援プロジェクト 2012年 第3回
福島の子どもたちが将来的に放射能に打ち勝つ健康な身体をつくるための親子学習キャンプ

<はじめに…>
福島原発事故から1年3ヶ月が経ちました。未だ、福島圏内は、放射能汚染濃度が高く、居住を続ける決断した子どもを持つご家族にとって、5年後10年後の子どもたちの健康を非常に懸念されている所です。今回、自身の身体を始め、家族の健康を守るには、体内に取り入れてしまった物を除去する助けとなる食餌やその作り方、さらに病気にならないよういかに免疫力を高めるかなど、共に考え、実習していくプログラムとなっているのが特徴です。
今回「第3回子ども未来応援プロジェクト」では、「逞しく生きる」をキーワードに、ひとり一人が自分の心と身体に必要なもの、必要でないものを学び、「逞しく生きられる子ども達」を育んでいく事を目的としています。

<期  間> 8月2日(木)〜8日(水) 6泊7日
   
<集合場所> 福島県青少年会館

<宿泊場所> 神余いこいの家

<活動場所> 館山ふるさと館、廣谷ガーデン、神余宍倉キャンプ場 
     
< 参加者 > 福島県内に住む小・中学生とそのご家族 4家族 20人 

< 参加費 > 一家族一部屋(8畳×3室)1万円(一室8畳ツイン+8畳 大家族用 2万円) 
*集合解散場所からの往復交通費、6泊7日の宿泊&食事、プログラム諸経費、天災付保険含む

<趣  旨> 自然の中でのチャレンジプログラムと、心と身体を気遣うプログラムによって、心身共にリセットし、新たな活力と希望を抱くきっかけとなるような体験学習キャンプを目指します。

<内  容> (以下は予定)
野外活動:ツリーハウス・ターザンロープ・ブランコづくり、薪割り、竹器箸づくり、釜戸でご飯炊き、海遊び、思いっきり遊び(サッカー、運動会)、シャボン玉作り、ペタンク、夏野菜収穫など
屋内活動:親御さん:「逞しい身体づくりは、食べ物から・・」放射能除去食品勉強会、調理実習、親子で発酵ジュース作り、心のケア「不安なこと何でも一緒に話そうよ!(家庭医)」

「セルフリラックス法を学ぼう!(理学療法士)」
屋内活動:子どもさん:「何でもOK自由あそび!」(大学生&高校生ボランティア)・・・遊びやおしゃべりを通して、子ども達の心を気遣いながら耳を傾ける。
受験生:「大学生のお兄さんに勉強・宿題を教えてもらおう!」(大学生)

<ご支援ご協力>(敬称略)
 *亀田ファミリークリニック館山 院長、理学療法士、
 *放射能除去食品献立&調理・勉強会講師 
 *地域住民の方々
 *看護士
 *淑徳大学学生ボランティア

NPO虹のかけ橋 代表 成田浩美
 千葉県館山市神余4427ー37
 電話 080~56745~2324
 blog:http://awanijinokakehashi.blog.fc2.com/
 YouTube:http://www.youtube.com/watch?v=DLqhhFlRyXA

未分類 | 22:05:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
福島・三重絆プロジェクト
福島・三重絆プロジェクト
 第二回 夏休み青少年里山探検キャンプ in赤目の森(三重県)
 〜福島の子どもたちと三重県名張市の子どもたちを結ぶ交流事業〜

  日時   :2012年8月11日(土)〜13日(月)

■内容■
福島の子どもたちを対象に、三重県赤目の里山のフィールドにて子どもキャンプを開催します。森林を活用した青少年の環境教育の促進として、里山での暮らしや知恵などを体験できるプログラムを用意しています。また、地元名張市内の子供たちにも呼びかけて、福島と名張市の子供たちの交流も目的としています。

■募集対象■
1.福島の小人(親子) 15名
 *小人のみの参加 小学5年生以上?中学生を対象
 *親子参加 小学生以上〜中学生を対象
2.名張市在住の小人15名
 *小学4年生〜6年生を対象
 *小学生低学年は、兄弟・姉妹と参加の場合参 加可能
3.子どもたちをサポートしてくれるボランティアスタッフ
 *子どもが好きな中学生、高校生、大学生、社会人など

●日時
2012年8月11日(土)〜13日(月)

●場所
赤目の里山(三重県名張市)

●参加費
被災地からの参加者無料(開催地までの交通費は自己負担、前泊可能)
名張市からの参加者小人10,000円(東北からの参加者の支援費も含む、2泊3日7食付き)

●日程
8月11日(土)10時近鉄赤目口駅集合
       わくわく昆虫観察会・福島・三重子ども交流会
8月12日(日)里山ハイキング・里山での生活体験(薪で料理をつくろう)
       キャンプファイヤー
8月13日(月)里山での奉仕活動・青空教室
       総括
       16時赤目口駅解散

●ボランティアスタッフ募集
企画から当日の運営に関わってくれる中学生・高校生・大学生・社会人のボランティアを募集しています。

●赤目の里山の特色:
・世界一最小のペレタイザーによる木質ペレットの生産体験
・2005年環境大臣賞を受賞
・ナショナルトラスト地の散策
・日本ミツバチの養蜂
・世界最小種のハッチョウトンボと絶滅危惧種であるカワバタモロコの生息地の保全
・昔ながらの生活を体験(石釜で作る料理、薪で炊くご飯など)


●申込方法
FAXかE-mailにて、題名を「夏休み・青少年里山探検キャンプ申し込み」
として、以下の項目を記載してお申し込み下さい。
1.氏名 2.ふりがな 3.年齢 4.学年 5.性別 6.学校名 7.郵便番号と住所 8.電話番号 9.FAX番号 10.パソコンのメールアドレス(あれば)11.保護者氏名 12.本人との続柄 13.緊急連絡先 14.備考(健康上の留意点や今回の企画に期待することを記載して下さい)15.このキャンプをどのように知ったか
<申し込み先>FAX:0595-63-4314 E-mail:okada@akame-satoyama.org

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
●お問い合わせ
特定非営利活動法人 赤目の里山を育てる会
〒518-0762 三重県名張市上三谷268-1
電話 0595-64-0051  FAX 0595-63-4314
E-Mail okada@akame-satoyama.org
HP http://akamenomori.sakura.ne.jp/
●主催:特定非営利活動法人 赤目の里山を育てる会
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

キャンプ | 15:03:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
能勢農場  林間学校
能勢農場  林間学校 
〜自然の中でのびのびと!集まれ福島の子どもたち〜大阪のてっぺんであそぼう!!
 
対象  小学校1年生から6年生 定員30名
 
期 間  7月30日(月)〜8月5日(日)  福島・大阪間の移動を含む
 
参加費  一人につき1万円  交通費・傷害保険等諸経費込
 
交通手段 バス
 
宿泊場所 能勢農場にてテント泊 (雨天時は建物の中)
     大阪府豊能郡能勢町山辺173?2
 
食  事  子どもたちと一緒に自炊
        
夏休みに林間学校を実施し、毎年180名の子どもが参加しています。35年の実績があります。
 
プログラム
 ろうそく作り、玄米をついて糠漬けづくり、動物のえさやり、ポニーに乗る、キャンプファイアー、夏祭
 
申し込み・問い合わせ  072〜734〜2132 能勢農場
 
キャンプのチラシのURL
表 http://firestorage.jp/download/170dc47ae128c4a8b3ae69d4332fd0feb99e6964
裏 http://firestorage.jp/download/d829f8173bd725de1579907ee593b47b08b378a6
 
 
スロースペース・ラミ 小野 洋 (福島の子どもを招きたい!明石プロジェクト)
E-mail:ramichubunkou@ybb.ne.jp 電話 090-9871-1419  FAX:(078)918-3582 ブログ
<たこ焼きキャンプ> ブログ http://takocamp.exblog.jp/
ホームページ http://outdoor.geocities.jp/takoyakicam

キャンプ | 14:54:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
アースデイおおまち リフレッシュこどもキャンプ
アースデイおおまち リフレッシュこどもキャンプ

アースデイおおまち
「北アルプス(長野県大町市)の森で遊ぼう!
大自然の中で過ごす4泊5日子どもキャンプ」

昨年起こった3.11東日本大震災、それに伴う福島第一原発事故の放射能漏れは依然続いており、収束の目処は立っていません。放射能の影響が大きい地域の子どもたちに信州に遊びにきてもらい、短期間でも放射能のことを忘れ、大自然の中で思いっきり遊んでもらえばと思い企画しました。電気も水道もガスもない自然の中の4泊5日。信州の大自然が、子どもたちを待っています。
 ※希望者はゆったり過ごすこともできます。

■日程 8月2日(木)7時半集合(8時出発)〜6日(月)18時半解散予定の4泊5日
【集合解散場所】 JR郡山駅西口バスプール

■内容 森キャンプ
 沢登り、野生動物との出会い、トレッキングなど

※希望される方のみ、大町市立総合病院で甲状腺の検査(血液検査2種類)を予定しています。

■対象 小学生3年生以上中学生以下30名 (先着順。最少決行人数10名)
※兄弟に小さいお子さんがいる、お母さんも参加したいなど個別相談にご相談ください

■費用 1人5、000円
(交通費、宿泊費、食費、保険代込み)

■場所 長野県大町市「森のくらしの郷」詳細 http://morikura.com/
フィールドは、300haの広大な森!30のツリーハウス、7つの沢、20の滝、標高差700m、カモシカが約20頭、そして自由な仲間たち。静かに森を楽しむもよし、みんなで森を歩き出せば発見があり、いつのまにか遊びが始まる!受け入れ協力団体:千年の森自然学校のお問合せ
info@morikura.com またはTEL:0261-23-6860(8:00-21:00)

■主催団体・お問い合わせ・詳細資料請求先
 アースデイおおまち実行委員会 代表 栗田亜莉沙
連絡先 長野県大町市大町4092グリナーズビレッジ内
T/F 0261-22-5545 電話は平日10時〜17時
info@greeners-village.jp キャンプ担当八木
FBページ
http://www.facebook.com/#!/earthday.omachi

アースデイおおまち実行委員会は、長野県大町市周辺に住む20代、30代を中心とした団体です。地球や地域、人のためになる活動を行っています。

■協力団体 手をつなぐ3.11信州、福島311支援白馬、原始感覚美術祭実行委員会、NPO福島ハーメルン・プロジェクト
■後援   大町市、大町市教育委員会
本事業は、リフレッシュ基金に補助金を申請しています

キャンプ | 10:06:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
おいでん!福島っ子!2012 夏
おいでん!福島っ子!2012 夏
自然を感じる心 ?sence of wonder?

・主催 東北応援団・東三河
・共催 虹のとびら、子どもたちの未来と食を考えるしんしろネットワーク
・日程 7月31日(火)~8月9日(木)  の10日間
 7/31(火)朝:福島県発 夜:愛知県着
 8/9(木)朝:愛知県発 夜:福島県着
 福島からは南相馬市発、福島市、郡山市経由、現地着で大型バスが出ます。
・場所 旧門谷小学校
  愛知県新城市門谷宮下23
・プログラム
 自然の中で思い思いに、自然を体験しながら過ごします。
 ときどき勉強もやるよ!
・料金
 5000円/1人

「山」 鳳来寺山の登山。1425段の石段を登って本堂でお参り。日本一高い杉61mの「傘杉」も見れるよ!
「森」 森の中に入ってネイチャーゲーム。自然を五感で感じる。そして楽しむ、自然が100倍楽しくなる!
   好きな物を好きなだけ作れる木工教室。思いのままに作ろう!
「川」 日本に誇る清流、寒狭川での川遊び!千枚田を見に行こう!

 男女別での畳部屋になります。大人と子供も別になります。食事は準備や片付けもスタッフと参加者で分担して朝昼晩自炊します。施設内にお風呂があります。

※その他注意事項
 福島から参加される方は、原則全日程参加が原則ですが、一部日程へ参加希望の場合はご相談ください。

対象は小学生?中学生ですが、低学年の方が参加される場合は、保護者の方と一緒にご参加ください。保護者の参加、ご兄弟の参加も可能です。
また、貴重品等の盗難、紛失においては責任を負いかねます。
保険に加入しますが、その他、天変地異などによる損害などの責任は負いかねますのでご了承ください。
当日は新聞、テレビなどのメディアも入る可能性があります。
またHPやチラシなどで写真等を使用されたくない方は、事前にご連絡ください。

問い合わせ先:東北応援団・東三河  
HP  http://ameblo.jp/nijitobi/
E-mail nijitobi@yahoo.co.jp
  福島っ子担当 新井 090-1292-8950

保養 | 11:32:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
つながり・遊び・学ぶ
「つながり・遊び・学ぶ 福島と日野・八王子地域交流プログラム」
 
福島県に住む浪江町の小学生、中通・いわき市に住む主学生と保護者のみなさんへ。
東京に来て、地元の小学生と学習や遊びを通して交流しませんか?
法政大学の合宿所に泊って、昆虫観察や高尾山登山をやるよ。
みんなの参加を待ってるぞい???!
実施期間:8月4日〜7日                  
実施場所:法政大学 多摩キャンパス(合宿棟に宿泊)      
          
参加対象:福島県浪江町の小学4〜6年生
     福島県中通り・いわき市に住む小学4〜6年生とその保護者
     
募集人数:小学生20名、保護者3名

集合場所:福島市、二本松市、郡山市、白河市、いわき市の、バスが停めやすい場所
     (詳しくは、参加メンバー決定後にお知らせします)     
     
地元(東京)からは、
     東京都日野市の小学生30名程度、(8月4・5日のみ)
     東京都八王子市旭ヶ丘子ども会から小学生10名、
     法政大学の学生スタッフ20名、
     八王子市旭ヶ丘子ども会福島支援チームスタッフ5名、
     日野市大坂上小学校地区親父の会(8月4・5日のみ)が参加します。
 
参加費:無料
 
申し込み方法:メールか電話でお申し込みください。
メール ty_yk-4f@s8.dion.ne.jp
電話  042-635-0669/090-6167-1489(石川/旭ヶ丘子ども会福島支援チーム)

続きを読む >>
保養 | 10:38:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
ロシア・サハリンでの保養〜第2陣
「ロシア・サハリンでの保養 第2陣のお知らせ」

・日時:9月9日(日)札幌発、10日(月)稚内港(ハートランド・フェリー経由)、
9月19日(水)帰国(ハートランド・フェリー経由)、稚内港着、20日(木) 札幌着。

・場所:サハリン州・ユジノサハリンスク市内、サナトリムでの保養。

・人数:15名・福島被災児対象(14才以下):一人で自分の世話が出来る児童。

・募集期間:21日(金)まで

・当選通知:7月23日(日)に抽選を行い、申込まれた全員に結果をお知らせします。

・費用:無料。
・問合せ・申込先:「緊急支援国際協議会」、
一般社団法人メンタルサポートセンター 担当(花野)、
<9:00~18:00>TEL  011~631~5979、   FAX 011~676~6109
E-mail hanano@msc-jp.org

備考:引率 大人3?5名。
パスポート取得に掛る費用は自己負担になります。
参加の意思を確認した後は 原則キャンセルされぬ様 ご確認願います。

申込に際しては
(1)参加者・氏名・性別、(2)年令・生年月日、(3)現住所・連絡先(Tel,Fax,メール・アドレス)、
(4)保護者氏名・連絡先、(5)パスポートの有無、<有の方:お名前のローマ字表記、パスポート番号、有効期限>
宜しくお願い致します。

保養 | 10:24:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
尾道市向島保養プラン
広島県尾道市で昨年の冬から福島、東北、関東の家族子供たちの避難移住、短期保養をしています。尾道市のれいこう堂の信恵勝彦と言います。

『ひなの会』として支援等をしています。
ブロブ、またはれいこう堂のブログに書いてます。

この夏休みのプランを本来なら、もっとはやく企画すべきでしたが、家族の保養プランが調整着かず、企画が遅れました。今回、夏休みなので、子ども達がなるべく単独で、林間学校の様に尾道に来て、遊び勉強し、楽しんでもらえたらと考えてます。

場所は海が見える別荘です。40畳くらいの広間に皆さんが寝たり、勉強したりします。小学校4年生くらいから上は問いませんが、中高生まででしょうか?18歳以上の女性の方でも構いません。

安心とされる、西日本で過ごせてもらえたらと思います。健康の増進と、放射能汚染からの健康被害のリスク軽減をしてもらいたいです。

期間  7月の後半から8月の後半の間の約10日間くらいです。
場所  広島県尾道市向島の海が見える別荘(トイレ、大型風呂、自炊などの施設は完備です。
    食事は地元の人のサポートと自炊です。
スタイル  プライベートの個室はありません。大広間での生活になります(約40畳)
遊び  すぐ下が海水浴場です。広い庭芝生の庭が有ります。
勉強  夏休みの課題の勉強も午前中に時間を作り行います。
event     地元の子供やお父さんお母さんとのバーベキュウなど無料で、広島の医師による甲状腺の検査なども企画中

参加費は交通費宿泊費食事代(基本3食)込みで
    小学生1万円中学生2万円、高校生以上の方は3万円です。

募集人員  対象の子ども達10人と大人プラス、、、、、です。

こちらの企画上の希望として、子どもたちが、家族でなく、3名ほどの大人の引率の方と来られたらと考えてます。
小さい子どものいる家族の方は、別の保養プラン(普通の家で個室有りの2、3家族でのシエアーハウスに参加もできます。
交通費半額負担、住居費も無料、光熱費1日大人1人300円負担、お米と基本調味料は無料。ただし、食事は個別で負担、、、)も日程により空いてます。約4軒借りてますので。ご利用下さい。

ご希望にそった企画のアレンジもできますし、しますので、、、ぜひ検討お願いします。

722-0032 広島県尾道市西土堂1-16  れいこう堂 ひなの会 
信恵勝彦(ノブエカツヒコ) 09013364757 reikodo.club@gmail.com   
アメーバブログは、れいこう堂(ひなの会のテーマで)で検索下さい。facebookは信恵勝彦で登録してます。

保養 | 10:14:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
再募集〜夏休み親子保養プロジェクト
再募集要項 締切7月17日
夏休み親子保養プロジェクト

【目的】東日本大震災による福島第1原発事故のために高放射線量の中で生活を強いられている被災地の子どもたち(親子)を美作(岡山県北地方)の地に招き、保養してもらおうと企画しました。
自然豊かで空気のきれいな岡山県北部で、ゆっくりとご自身のペースを大切にした保養のひとときをお送りください。お気軽にお問い合わせくださいね。

【対象】東北・関東圏にお住まいで放射能汚染に不安を感じていらっしゃる家族・親子の方

【期間】7月23日(月)~8月6日(月)
*期間にご希望がある場合はどうぞお問い合わせください。

【場所】
1.久米山ふれあいロッジ(岡山県津山市神代1507-1) http://www.kumeyama.com/
2.協力者の自宅(岡山県奈義町宮内)

集合は、JR津山線津山駅(岡山駅より約70分)へお越し下さい。津山駅より滞在先まで送迎をします。

【募集人数】
1.久米山ふれあいロッジ 子ども・大人 計36名(久米山ふれあいロッジ…2~3人洋室or8人和室)
2.協力者の自宅 子ども・大人 計8名(協力者の自宅…数日の期間延長可能)

【サポート内容】
滞在中は、食事は自炊となります。食材の調達について、地元で採れた野菜などが手に入りやすいです。
その他、生活支援(食材の提供やボランティア)、プールや買い出しへの送迎、子どもたちへの学習支援・保養者間のミーティング・その他の任意参加企画 多数あります。ご家族のペースにあわせてお選びください。

【期間中のイベント】
7/23(月)歓迎会
7/28(土)夏休みの友お楽しみ広場
7/29(日)海水浴(鳥取県羽合温泉)
8/4(土)農業体験
8/5(日)津山ごんご祭り花火大会
8/6(月)お別れ会

【宿泊費】全額補助(福島県の方に限り行政から補助。福島県外の方は実行委員会が補助します)

【旅費】1人1万円補助(例:大人1名+就学前のお子さん1名の場合、補助は2万円となります)

*アクセス:
◯電車の場合 福島駅から津山駅までは、
福島駅ー(新幹線)ー東京駅ー(新幹線)ー岡山駅ー(津山線)ー津山駅
6.5時間 21,830円
◯高速バスの場合 新宿から津山までは、高速バスで9時間10,000円(バス会社によります)

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。または各交通機関でご確認ください。

【お申し込み】お電話にてお気軽にお問い合わせください。
◯電話:090-1013-4755(田口) 080-5377-7864(はっとり)
◯FAX:0868-26-1005
◯MAIL:mamapapa-mimasaka@hotmail.co.jp

【事務局団体】さよなら原発ママパパ美作ネットワーク
事務局 〒708-0851津山市新田595-5
TEL 090-1013-4755 FAX 0868-26-1005 MAIL mamapapa-mimasaka@hotmail.co.jp

ふくしまっ子元気回復事業・実行委員会 
〒708-0022 津山市山下92-1 TEL0868-25-2511 FAX0868-23-9119

【美作地区平和センター・津山市職員労働組合・岡山県教職員組合美作地区協議会・連合美作(準備中)・CAPつやま】後援【津山市・津山市教育委員会・津山市商工会議所・津山青年会議所・岡山県建設業協会津山支部・美作大学・岡山YMCA・津山子ども広場・山陽新聞社・津山朝日新聞社・エフエムつやま・JAKEN】
滞在費 保養者の自己負担(自炊施設があります。共同調理。地元の米・野菜など無償提供します。)

MAIL From >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク
 *福島支援プロジェクト 担当*
 *子ども全国ネット 広報担当*
はっとりいくよ Hattori Ikuyo
080-5377-7864
hattoriiqyo@gmail.com
twitter:iqyo FaceBook:Iqyo Hattori
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

保養 | 14:27:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
親子で、大阪にスティできます
「親子で、大阪にスティできます」 プチ保養2012年7月14日〜8月末 
 
気分転換に、いかかですか。週末や夏休みを利用して大阪にぜひきてください?(^O^)。ここを拠点に「遊びにでかける、大阪の知り合いに会う、いろいろ探す等」できます。 
滞在中は自由に。(ご希望、あれば案内もします)

★スティ先と募集人数など
 一戸建の家(大阪府の南・富田林市)=ご家族、グループに、お貸しできる家です。
 期 間  2012年 7月14日〜8月31日までの週末・平日いつでも、何日でもOKです。
 募 集  福島県の親子1家族?3家族ぐらいかさなっても、8名まで入れます。(8畳和室・6畳洋室・3畳洋室あり)
 宿泊費無料 自炊をお願いします。家電製品は一通り揃っています。鍋釜調理器具完備。調味料あります。
 ご希望あれば、食材購入手伝い、自転車貸し等します。新大阪駅からスティ先までおよそ1時間30分。

 ※静かな住宅地です。足を延ばせばバスで金剛山、サバーファーム、ワールド牧場、近つ飛鳥館、広川寺、プール、歩いて河南町の古墳公園等へ、行けます。8月1日は「有名なPL花火」をまじかで見ることもできます。農作業の体験もでき戸外で自然に親しむことがでます。

 ※交通費は自費でお願いします。
※電車で大阪市内観光(通天閣・USJ・海遊館)にも行けますよ。 
 
★大阪府下 他にも1,2軒同じように使っていただける家あります。申込・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

電話090〜2354〜8829  dpjvr410@kawachi.zaq.ne.jp 橋本まで
「子どもたちに未来をわたしたい・大阪の会(仮称)」

拡散・広報 | 14:22:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
いのちを守る300キロの森づくり
宮脇 昭「いのちを守る300キロの森づくり」

 宮脇 昭氏による、震災によって出た大量のガレキを再利用し、土地本来の本物の森による防潮林(防潮堤)の提案VTRです。

 緑の森は本来、私たちの暮らしと関係深い存在です。神社を遠くから見ると、こんもりとした森があり、その一端に鳥居がある。鳥居から森林の内部に向けて参道があり、その行き当たりに境内や本殿があり、その背後には森林の中央部が位置するようになっていて、森の深い方に向かって礼拝をする形になっている。

 このことからも「社(やしろ)」が先に在ったのではなく、信仰された森に社が建てられたことがわかります。また海岸近くに魚つき林という、古くから保護された森林がある場合、そこに神社が設けられている例が多い。

 3本植えれば森、5本植えれば森林となります。1億2000万の人が一人3本ずつ植えれば3億6000万本の木を植えることができる。

 みなさん、今すぐ、誰でもできる、
  土地本来の本ものの木を、
   あなたのため、
 貴方の愛する人のため、
  足下から木を植えましょう。
   私も植えます。


宮脇式植樹のポイント。

 ・その土地に昔からある樹木を植樹すること。
  鎮守の森や古い屋敷林にその手掛かりが残っている。

 ・高木、中木、低木、草木を偏りなく まんべんに植樹する。種類を限定しない。
  特に広域高深度に根をはる高木は 森や地盤の安定には重要。 

 ・20~30種類の樹木を混植&密殖する。
  単植林は 生殖活動が活発になるので 花粉が多くなる。

 ・ポット苗を使う、3年は手入れをするが、それ以降は自然に任せる。
  手が掛からない森作り。

【宮脇 昭プロフィール】
横浜国立大学名誉教授。世界各地で植樹を推進する現場主義の植物生態学者として、これまで国内外1700カ所以上で植樹指導し、4000万本以上の木を植えている。『植物と人間』『木を植えよ!』など著書多数。

自然保護 | 18:07:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏季学童一時疎開募集
夏季学童一時疎開募集

<現在の申し込み状況について>
7月1日8時現在で、あと7名の空きがあります。

参加ご希望の方は、まず「参加したい」とメールか電話をいただいたあと、こちらからお送りする「参加申込み書」にご記入のうえご提出をお願いしております。ご提出いただいた順番に参加確定の処理を行っております。7月2日まではこの方法で受付します。
7月3日以降については、10日まで受付を継続し、申込み書をご提出いただいた方のなかから出身地や学年を考慮し、ご参加していただける方を決定する予定です。

神戸近郊の緑豊かな田園都市です、子ども達にのびのびと楽しく過ごしてもらえるよう計画しています。

阪神淡路大震災の時全国のボランテイアに助けられたことに感謝し、「人に優しい社会を!」と結成し16年間(NPO11年)活動してきました。

「笑顔で挨拶しましょう」「バスや電車で席を譲りましょう」「困っている人には声をかけましょう」を子ども達に習慣付ける、その前に大人が実践しよう。

この10年間は「アジアハウス」として、毎年夏に留学生20名と日本の学生20名と近畿各地で2泊3日の合宿をして環境と平和と友好の研修をしてきました。

今年は第十回、福島の学童達の一時保養のプログラムを作りました。ご支援・協力をお願いします。

名称:サン☆レク12(さんだレクレーション2012)

主催:NPOヒューマンビジョンの会(神戸市、理事長恩田怜)

日時:8月3日ー8日までの5泊6日(車中泊2)

場所:兵庫県三田市学園小学校(神戸市北隣)地域活動室宿泊

対象:福島および近郊の小学校4~6年10人(保護者や兄弟姉妹も可)

送迎:大型バス(福島駅郡山駅)

費用:1万5千円/名 (往復バス、宿泊、食事費用)

迎え側:大学生・留学生20名、スタッフ10名程度

申込み・お問合せ先:NPO法人ヒューマンビジョンの会
担当:むらおか
konogoro@msb.biglobe.ne.jp
090‐8651‐5742

拡散・広報 | 14:32:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
シェアハウスin岐阜可児
シェアハウスin岐阜可児 岐阜県でのシェアハウスのご案内(通年)

福島及びその周辺地域の方々の保養のために、岐阜県可児市川合のシェアハウスの貸出を始めます。

未就学児の親子が1週間から2ヶ月程度保養して頂くためのシェアハウスです。広い庭と家庭菜園がついています(今、夏野菜ができていますよ)

生活して頂く居住スペースは一家族一部屋(6〜10畳)ずつあります。キッチン・リビング・和室・お風呂・トイレは共同使用になります。

ガス・電気・水道などの水道光熱費を含んで1家族1日1000円です。食事等は近くのスーパーで食材を購入しての自炊になります。

自動車で現地までお越し頂ける方は駐車スペース(無料)もあります。共同の自動車購入も予定していますが、間に合わない場合は近くに住むスタッフが買い物などのお手伝いをします。

周辺の生活のための施設
○病院 徒歩約10分
○スーパー 徒歩約10分
○コンピに 徒歩約10分

現在家財道具も揃ってきていて、生活に必要な物はほとんど揃っています。ご希望の方はKIプロジェクトが行っているボランティアバスに同乗して頂ければ無料で往復することもできます。シェアハウスでの生活を応援するために、在宅でできる内職の作業も準備しています。

募集概要
○期間
1週間から最大2ヶ月間(年間を通じて募集しています)
○受入人数
3家族(1家族 2?4人)
○開催場所
岐阜県可児市川合シェアハウス
○居住ルーム
エアコン完備の洋間(6畳×2、10畳)で、部屋ごとに施錠ができます。
○費用
1家族1日1000円(水道光熱費):食費だけで生活できます
○対象
お子さんが未就学児である親子
○申し込み方法:申し込みはこちらよりお願いします。
 http://ws.formzu.net/fgen/S38990144/
 シェアハウスにチェックを入れ、必要事項を記入してお申し込み下さい。後ほどメールにて、こちらから詳細についてご確認させていただきます。

●ホームページ
http://www.coms1.jp/blog/2012/06/post_501.html
●お問い合わせ先
NPO法人KIプロジェクト 岐阜県下呂市金山町金山1993
TEL: 050〜3536〜5866
FAX:0574〜27〜2205
携帯:080〜3615〜6500

拡散・広報 | 21:59:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
鳥取で遊ぼう!!
鳥取で遊ぼう!!

みちのく応援隊では、昨年、「夏休みのひとときを思いっきり自然の中で遊んでほしい!」との想いから古民家宿泊キャンプを辞ししました。
今年は、鳥取県の団体「八頭船岡農場」主催で行います。日程も少し伸びて、さらにゆっくりと過ごしていただけると思います。海も山も川も満喫できます!

【期 間】 2012年8月3日~13日(9泊10日)

【場 所】 鳥取県八頭町

【参加対象】 福島県内の小学4年?6年生(兄弟で行きたいなど、年齢は要相談)
※子どもだけでの参加となります。

【募集人数】 (残り)3名

【参加費】  30,000円
    ※集合場所(福島県内)までの交通費は個人負担となります。

【プログラム内容】
 8月3日~5日 ポニーキャンプ(ポニープログラム、川遊び、キャンプファイヤー)
   6日~9日 シーサイドキャンプ(シュノーケル、シーカヤック、サーフィンなど)
   10日~13日 古民家生活体験(農作業体験、薪のおふろなど)
※キャンプは、ハーモニィカレッジのキャンプに参加し、関西から集まった子ども達と共に行います。古民家体験は福島の子ども達のみで行います。

【受け入れ団体】
社団法人ハーモニィカレッジ(活動の様子やポニーの写真が見られます)
【協力団体】
みちのく応援隊(昨年のキャンプの様子が分かります)

【お問い合わせ・募集先】
鳥取で遊ぼう 事務局 (東口) 090-7998?9410 higu.705@gmail.com
※平日昼間は出られないことがあるかもしれませんが、折り返しますので、よろしくお願いします。

7月5日 募集締め切り予定
※先着順とさせていただきます。

拡散・広報 | 21:51:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホームステイ&合宿in岐阜
ホームステイ&合宿in岐阜

○ホームステイ概要
 7月28日(土)~8月4日(土)
 ホームステイ先 岐阜県及び愛知県の一般家庭
 (KIプロジェクトの関係者から安心です)
 ※8月4日からは合宿に合流します。

○合宿概要
 8月4日(土)~8月11日(土)
 合宿場所:岐阜県高山市清見町 別荘をお借りします。
 他の合宿団体との共同合宿になります。
 食事はボランティアスタッフによる提供を予定しています。

○参加対象:小学校4年生から6年生
  対象年齢外でもご兄弟が対象学年ならご参加頂けます。
  詳しくはお問い合わせください。

○定員:5名

○参加費:20000円
 ※交通費を含みます。現在福島県相馬市からの発着を検討しています。途中乗車もできます。

○滞在中の生活
 ホームステイ中、午前中は図書館や公共施設での学習時間を予定しています。
 午後からはプールや公園などでの遊びを予定しています。
 合宿中
 午前中は塾講師や学校の先生などの協力で学習時間を予定しています。
 午後からは近くの山や川へ行って遊びます。
 子ども向けプログラムやイベントも企画しています。

 期間中は基本的にボランティアスタッフが食事、入浴、洗濯、掃除などを
 サポートをしますが、お子さんたちにもさまざまな協力をしてもらいます。

○申し込み方法:申し込みはこちらより申込をお願いします。
 http://ws.formzu.net/fgen/S38990144/
 ホームステイにチェックを入れ、必要事項を記入してお申し込み下さい。
 後ほどメールにて、こちらから詳細についてご確認させていただきます。

○注意事項:
 ☆2週間通しの申込になります。
  途中で帰る場合の返金及び交通費の負担はできませんのでご了解ください。
 ☆参加して頂く方のために福島県内でオリエンテーションを7月に開催予定です。
 ☆全日程ボランティアスタッフによる運営になりますので、申し込まれるご家族の積極的なご協力をお願い致します。
 ☆詳しい内容については現在協議中です。決定しましたらHPでお知らせします。
●ホームページ
http://www.coms1.jp/blog/2012/06/post_502.html
●お問い合わせ先
NPO法人KIプロジェクト 岐阜県下呂市金山町金山1993
TEL: 050~3536~5866
FAX:0574~27~2205
携帯:080~3615~6500

拡散・広報 | 21:41:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
hahakoさんからの拡散以来3件
母子疎開ネットワークhahakoさんからの拡散依頼3件です。

 Aについては、昨年もすぐに埋まってしまった人気物件で、この夏は6月中におこなった4ヶ所の相談会(伊達・二本松・白河・白石)のために優先的にキープしていただいていたのですが、7月に入ったのでまだ空いている分を公開情報にしました(関東からの希望者ですぐに埋まります)。気になる方はすぐにお問い合わせください。


    *    *    *

A:「四日市社宅を無償提供」

キャンプや合宿とは違い、自由度が高いです。3DKの部屋を無償で提供してもらえます。光熱費、食費生活費全般は自己負担。滞在は1ヶ月以上でも相談に応じます。(短くても構いません)
大型家電(冷蔵庫、洗濯機、エアコン×3)、ガスコンロ、食卓+椅子4、布団セット、カーテン、物干し竿など完備されています。

消耗品や小型家電(レンジ、炊飯器など)はお持ちいただくか、ボランティアグループからリサイクル品を無料レンタルできます。

自転車も共有で1台あり。駐車場も完備(5台。無料)。大家族でも余裕の広さですよ。

窓口;木田(070-5039-2113)


B:「伊勢の国ー三重で遊ぼう@2012 summer」

7/30(月)~8/4(土)の5泊6日
交通費は自己負担(JR名古屋駅まで送迎)。宿泊・光熱費、イベント参加は無料。食費は、昼は各自で負担、朝夕は食材を提供(農家より)。サポーターと一緒に自炊をしていただきます。詳細はhahakoサイトをご覧ください。

窓口;木田(070-5039-2113)


C:「Welcome*いなべプロジェクト」
築200年といわれる元茅葺の民家をお貸しします。とても自然いっぱいの田舎で夏休みを過ごしませんか?
詳細はコチラ

窓口:多胡美恵(家主)
totomie328@gmail.com

拡散・広報 | 21:36:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
福島県の子ども達、横浜で遊び、学ぼう♪
第2回「サマースクールプログラム@横浜」 福島県の子ども達、横浜で遊び、学ぼう♪

フェリス女学院大学ボランティアセンターでは、昨年夏に実施した第1回保養プログラムをふまえ、今年度2012年に、第2回「サマースクールプログラム@横浜」を開催します。

放射線の低い地域で短期間でも過ごすことは、子ども達の健康にもよい影響を与えることがわかっています。暑い夏ですが、横浜の潮風を感じながら、思いきり身体を動かして遊び、楽しい思い出に残る夏をすごしてほしいと考えています。

【企画概要】
1.趣旨
夏の5泊6日、福島県の子ども達が環境への不安から解放され、自然の中で元気に遊び、横浜の歴史的な場所の散歩や宿題、ものづくりなど、多様な活動を楽しむ場を提供したい。
2. 期間と内容
 8月2日(木)~8月7日(火):日中は遊び、見学。
 朝又は夕食後、学生ボランティアが、子どもの学習をサポートします。

<スケジュール概要(予定)>
8月2日(木) 福島駅前出発9時半頃~郡山~横浜
     桜木町到着(天台交通バス)。出会いと交流。
  3日(金) 根岸森林公園 ( 雨の場合は「はまぎん子ども科学館」)
  4日(土) 横浜ウォークラリー(みなとみらい?中華街と周辺)
  5日(日) 野毛山動物園。みなとみらいコスモワールドなど。(雨の場合、移住資料館)
  6日(月) アルバムづくり。交流会。山下公園で花火。
  7日(火) 10時横浜出発?郡山?福島駅到着15時頃(予定)。(天台交通バス)

3.宿泊先
 ナビオス横浜(横浜市中区新港2-1-1、〒231-0001)
 TEL:045-633-6000/FAX:045-633-6001

最寄駅:JR桜木町駅徒歩15分、東急みなとみらい線馬車道駅徒歩5分以内。(夜間緊急医療センターは桜木町駅前にあります。)
※海が近いので、海に恐怖心のあるお子さんはご留意ください。
4.対象
福島県の小学生高学年(5年生以上)~中学生20名

5.主催
フェリス女学院大学 (協力)横浜YMCA、横浜NGO連絡会、JICA横浜、他に交渉中。

6.費用
参加費:一人一万円

7.健康
参加者の健康等に関するアンケートにご記入いただきます。また、常備薬は必携。

8.参加お申込み
募集要項に必要事項を記入の上、7月6日(金)午後1時必着で、以下にお送りください。

★ファックスの場合は、FAX:045-812-8467
★メール添付の場合は、E-mail:volunt@ferris.ac.jpに、
★郵送の場合は、
  〒245-8650 神奈川県横浜市泉区緑園4-5-3
   フェリス女学院大学ボランティアセンター宛

☆お電話でのお申込はお受けしません。
内容等に関するお問合せは、TEL:045-812-8462にどうぞ。

9.説明会
参加者確定後、参加者への説明会を行います。
日時:2012年7月15日(日)午後1時~3時
場所: 福島県内(福島市、または郡山市)
(確定後、参加者の方にメール等で直接場所等をご連絡します。ただし、当日出席者が少ない場合は、詳細要項を郵送することで、説明会に代えることがありますので、ご了承ください。説明会開催の有無は7月9日月曜日までにお知らせします。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
フェリス女学院大学ボランティアセンター
コーディネーター 小笠原公子
〒245-8650 横浜市泉区緑園4-5-3
TEL:045-812-8462/FAX:045-812-8467
E-mail:ogasawar@ferris.ac.jp
携帯:080-5082-4433
     f_vola03@ezweb.ne.jp
http://www.ferris.ac.jp/~volunt/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

拡散・広報 | 21:14:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
香川の海と山が待ってるよ!
香川の海と山が待ってるよ! 福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト
 
1)実施期間:2012年8月9日(木)~8月20日(月)の11泊12日(往復とも借り上げバス)
 (9日夜に夜行バスで福島を出発し10日午前に香川着。20日早朝、香川を発って同日夜、福島着)
2)滞在場所:8月10日~12日(3泊)柏原渓谷キャンプ場コテージ(バス・トイレ付き)
       8月13日~19日(7泊)香川県立屋島少年自然の家

3)活動内容:野外炊事、沢遊び、浜遊び、消防署見学、小豆島での海水浴、スポーツなど
4)募集定員:福島県および近県の放射能の不安を抱える地域に住む子どもたちとその保護者40名
(小学校低学年以下は原則として保護者同伴としますが、個別のご相談に応じます)
5)費用等 :参加費・交通費・滞在費・食費を含め、大人1万円、子ども5000円
       (個別の事情によって免除できる場合がありますので、ご相談ください)
6)注意事項:主催者として参加者の安全対策に十分配慮しますが、基本的に参加者ご自身で安全確保に留意いただけますようお願いします。参加者の旅行傷害保険加入は主催者側が手配します。
7)申込方法:参加者の氏名(ふりがな)、生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレス、参加を希望する理由(お子さんの状況や自宅付近の環境など)、アレルギーの有無などの留意事項を明記の上、以下の連絡先にメール、ファックス、または郵送でお申し込み下さい。
8)締め切り:7月13日(金)
9)参加者決定:応募者多数の場合は、子どもさんの状況等を考慮の上、選考させていただき、参加の可否を7月20日頃までにご連絡いたします。
         
主催団体 :福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト

〒760-0022香川県高松市西内町7-25
     TEL/FAX : 087-813-0715 
メール:ZVF05007(a)nifty.com (a)を@に替えてください。

2012夏休み保養企画 募集要項

「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」は、福島の子どもたちに自然の中でのびのびと子どもらしい時間を過ごしてもらおうと、2011年7月に発足しました。
たくさんのボランティアのご協力と中央共同募金会を始め多くの団体や企業のご支援をいただき、2011年夏休みには39名を、2011年冬休みには67名を香川に迎えるとともに、高松市内の3軒の「おいでハウス」での保養の受け入れや、移住して来られた方への支援なども行ってきました。

拡散・広報 | 16:44:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏休み!高岡であそぼう!
「夏休み!高岡であそぼう!」

☆期間    2012年8月19日(日)〜8月23日(木)4泊5日
☆宿泊場所 ・とやま・ふくおか家族旅行村にて (一泊二日を二回)
(〒939-0152 高岡市福岡町五位57-2(財)とやま・ふくおか家族旅行村)
      ・富山県高岡市を中心にした真宗大谷派{東本願寺}寺院でのホームスティ(二泊三日)
      *家族旅行村は、相部屋になります。また、ホームスティは一ヶ寺に数名(2,3名または、一家族)にて滞在していだく予定です。

☆参加対象 ・福島県に在住する小学1年生〜小学6年生(保護者同伴可)
(*小学3年生以下のお子様は必ず保護者同伴でご参加ください)
      ・お寺の本堂で仏様に向かって合掌ができる子ども

☆受入人数 ・約20名(保護者含む)*先着順で締め切ります

☆参加費  ・無料 福島県内発着送迎バス代、食事代、宿泊費含む
        (*ご自宅から福島県内発着場所までの交通費は各自負担)
☆日程
 8月19日(日)午前8時頃 福島県内出発  午後4時 とやま・ふくおか家族旅行村到着 宿泊
 8月20日(月)午前 とやま・ふくおか家族旅行村にて 午後 ホームスティ先へ(2泊3日)
 8月21日(火)終日、ホームスティ先にて滞在
 8月22日(水)午前 ホームスティ先    午後 とやま・ふくおか家族旅行村へ    宿泊
 8月23日(木)午前 10時 福島へ出発

☆申込方法
 参加者のお名前、性別、生年月日、学年、ご住所、電話番号、メールアドレスを明記して下記の問い合わせ先まで、FAXまたはメールにてお申し込みください。(*尚、仮予約等の受け付けは、お断りいたします)
申し込み期間:7月2日(月)〜13日(金)(参加者決定後に、集合場所や詳細日程等を送付いたします)

☆お問い合わせ  「夏休み!高岡であそぼう!」実行委員会事務局
富山県高岡市丸の内2番15号 真宗大谷派{東本願寺} 高岡教務所
・FAX0766〜24〜2215(*FAX担当 富田)
(*お願い 高岡教務所は、年度末にて多忙のため、電話でのお問合せはご遠慮ください)
・専用メールアドレス asobo-takaoka@gobohan.com(*メール担当 青井・堀部)

 主催:真宗大谷派高岡教区 「夏休み!高岡であそぼう!」実行委員会
共催:NPO法人 TEAM二本松
特別協力 とやま・ふくおか 家族旅行村 高岡市福岡小の学童保育「寺子屋サロン」

保養 | 16:00:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
たけの子自然学校〜第2回
青空幼児園たけの子・情報共有班辺見さんからです。

たけの子自然学校第2回目のお知らせと募集です。

2泊3日のキャンプの予定ですが、半日でも一泊でもOKです。
線量の低いおもいで館で思いっきり子どもも大人も遊んでリフレッシュしましょう!福島から無料バスも出る予定です。米沢市内の方も農村文化研究所集合で一緒におもいで館に向うこともできます。

場所:山形県川西町 おもいで館(旧置賜農業高校玉庭分校)
    山形県東置賜郡川西町大字玉庭6708−5
期間:7月22日(日)〜24日(火)
費用:参加費/大人1人1日500円(子どもは無料ただし保護者同伴)、施設利用料金/1人1日200円、食費/実費負担(3日で1000円程度)、紙飛行機大会参加費1人300円
持ち物:着替え、洗面用具、22日の昼食、水筒。
募集人数:25名位
申込方法:件名に「たけの子自然学校」と明記し、FAX 024-545-0535又は、携帯メール tae-elyzion@mbg.nifty.comまで 参加者名、お子さんの年齢、住所、電話番号をご記入の上お申込ください。(先着順)
お問合せ:080-3347-7126(辺見)又は024-545-0535(自宅)

スケジュール
22日(日)夕食1回
 9時 荒川桜づつみ河川公園集合
 10時10分 米沢市農村文化研究所着、畑へ移動、野菜収穫(何が取れるかは当日のお楽しみ)
 11時 おもいで館到着
 11時半 紙飛行機大会参加、昼食各自自由(わたあめなど無料)
 15時 テント設営
 17時 入浴
 18時 宴会に合流
 20時 就寝
23日(月)朝・昼(一緒に作ります)、夕食の2回
 6時半 起床
 7時半 朝食
 9時 工作(バードコール作り)
 11時 各自自由、昼食はおにぎりを自由にとる
 15時 夕食準備
 16時 温泉入浴
 18時 夕食
 19時半 ナイトハイク(蛍観察)
 20時半 就寝
24日(火)朝食、昼食の2回
 6時半 起床
 7時半 朝食
 9時 テント撤収
 11時 現地出発
 12時 農村文化研究所理事長宅で昼食
 13時 米沢組解散、福島へバス移動
 14時半 福島組解散
※バスはカンパ金でまかなうので無料ですがよろしければ参加者の皆さんからもカンパをお願いできればありがたいです。

保養 | 08:12:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
東北で頑張る子供たちに、夢と希望を ♪
森の遊学舎 大西です。

いつも情報共有と元気をいただいています。
ありがとうございます。

友人から下記のメールが届きました。締切は6月20日となっていますが、まだ少し残席があるそうです。

よろしければご検討ください。

====以下、転送ここから

夏休みに東北の中学生・高校生をオーストラリアシドニーでの10日間(8月7日?16日)のホームステイに招待するプロジェクト

シドニーへの全行程は、小学校・中学校の4年間をシドニーで暮らした日本人が引率。まだ3名分の席があるとのことです。どなたか、参加希望の方がいらっしゃれば、7/3(火)までにご連絡を。

往復の航空券(日本航空が特別割引提供で12-13万円)は自己負担になってしまいますが、現地での食事、滞在は、現地日本人家庭でのホームステイ、また寄付金によって賄われます。昨年は福島の子供達10名が参加しました。

詳細は下記をご覧ください。

東北で頑張る子供たちに、夢と希望を ♪
Sydney Rainbow Stay Project

===ここまで

☆≡東日本大震災 あなたの「祈り」を東北へ届けます。

こめらの森・南会津・・・ http://r.goope.jp/minamiaizu 

ボランティア&活動支援金 http://t.co/iusCfx5
==============================

「感動体験」+「生活体験」=(((【 根っこを育む 】)))

==============================

大西琢也 【火起師・ひおこし】  NPO法人 森の遊学舎 代表理事

ブログ『野人魂』http://yajin.jugem.jp/

ツイッター @hiokosi ⇒ http://twitter.com/hiokosi 

-----------------------------------------------------------
こどもの人生を決める10歳までの自然体験活動 !(^^)!
風土に根ざした絆と教育を地域作りへ活かそう !(^^)!

【根っこを育む】自然学校は ⇒ http://www.ugaku.com

〒967-0016 福島県南会津町藤生(とうにゅう)字向坪1261-1
Phone/Fax:0241-66-3371  移動オフィス:090-4014?1164
==============================

拡散・広報 | 23:04:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
ふくしまっ子チャレンジサマースクール2012 in 石川
ふくしまっ子チャレンジサマースクール2012 in 石川

目  的  福島の子どもたちを石川県に呼び、わずかな期間ではあるが思いっきり自然に親しみ、いろんな体験にチャレンジすることで心身ともにリフレッシュしてもらう。そして、規則正しい集団合宿生活を通して感謝の心、思いやりの心、チャレンジする心をもつ素直で明るいふくしまっ子の育成を目的とする。

主  催  ふくしまっ子チャレンジスクール実行委員会

協  力  金沢青少年研修センター林間学校OB会 クノキファミリー 金沢大学ボラティア学生 金沢工業大学ボランティア学生 石川県立大学ボランティア学生 白山市ワンネススクール

実施期間  平成24年8月11日(土)~16日(金) 5泊6日

宿泊場所  金沢青少年研修センター

924-0834 金沢市山の上町センター TEL076-252-3247

対  象  福島県在住の小学3年生?6年生とその保護者
      ※小学校2年生以下・中学生の参加希望の場合はご相談ください。

定  員  10名

会  費  1人 20,000円(保険料、旅費にあてます)滞在中の宿泊費・食費・行事費等は主催者負担

内  容  日中イベント:竹飯づくり 海水浴 川遊び 金沢市内散策

バーベキュー 夏休み工作など

生活全般:朝の集い 掃除の時間 夜の集い 当番制で食器洗い洗濯 手伝いなど集団生活でのマナーや思いやりの心を育む

申込締切  7月10日(火)

申し込み  メールにて下記必要事項入力の上お申し込みください。主催者調整の上参加確定の通知を申し上げますので、会費を7月10日(火)までにお振込みください。

 1.参加者と保護者の氏名
 2.参加者の生年月日、小学校名、学年
 3.ご自宅の住所、電話番号、携帯番号、メールアドレス
 4.参加者の健康状態、特記事項(アレルギーなど)
 5.メッセージなどありましたら

申込先・お問い合わせ
 メールアドレス:kokaseki@spacelan.ne.jp ?澤本商事内ふくしまっ子チャレンジスクール実行委員会事務局あて

担当者名  澤本多日子(さわもとたかこ) 090-3298-9904

代表者名  岩井繁樹 (いわい しげき) 090-4325-7787

集合・解散 福島からの参加者の集合・解散場所(後日通知)は、主催者が委託する貸切バスで行います。移動途中の休憩を含め、7時間程度の予定です。バスの出発時刻に遅れた場合は、当日キャンセル扱いとなりますのでご注意ください。

そ の 他  スケジュール詳細、持参品については事前通知いたします。福島で(会場未定)

 事前説明会(8月4日、5日)を開催予定しています。

拡散・広報 | 22:48:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
この夏、北海道の苫小牧に来ませんか!
この夏、北海道の苫小牧に来ませんか!

対象 4〜6才の子どもと保護者(対象者がいれば、兄弟も一緒に参加可)
 福島県に現在お住まいの方限定。定員20名。

日程 7月30日(月)〜8月 7日(火) 仙台港着

交通機関(郡山駅からスタッフ1名が同行)
 福島〜仙台港は、北海道がチャーターしたバスで移動。
 仙台港〜苫小牧港は、北海道が席を確保した太平洋フェリーで移動。

宿泊施設
 7月31日(火)苫小牧オートリゾート・アルテン9人用キャビン
 8月1(水)〜5日(日)水産会館(町内会館のような施設)
 ※個室形式ではありません。
 ※8月2、3日のみ、希望があれば1世帯につき1日のみ個室を提供できます。(流し,トイレは供用)

食事
 自炊が基本です。(費用自己負担)お米,味噌については、JAとまこまいから提供されます。野菜、日配品など、ある程度差し入れがあります。

風呂
 31日は、温泉が併設されています(有料)。1日以降は入浴施設へ送迎。入浴料は自己負担です。

 買い物や洗濯などの送迎や滞在中のサポートのため、常時2名以上のスタッフを配置します。

その他
 滞在中のイベントは、自由参加ですので、体調や都合に合わせてご参加ください。自由行動の日のプランを練るお手伝いもします。

参加費
  全行程合計 大人、中学生以上 1人 6000円
        4才〜小学生まで 1人 4000円
        乳児無料
   ※保険代が含まれています。(全国社会福祉協議会のボランティア行事用保険)

申込及び〆切
 申込は7月1日から受け付けます。(お問い合わせは受付中)
 申込は電話のみで受け付けます。
 〆切は、7月17日(火)21:00。
 定員になった後は、キャンセル待ちとなります。

申込先
 福島の子どもたちを放射能から守ろう2012実行委員会
 携帯電話 090-5223-5476 石田
 受付期間中 8:00?21:00まで

詳細日程
 平成24年7月30日(月) 仙台港発 太平洋フェリー
     7月31日(火) 苫小牧港着
     8月 1日(水) 樽前山の麓、錦大沼で遊ぼう!
     8月 2日(木) ウトナイ湖サンクチュアリで野鳥と遊ぼう!藍の生の葉っぱで染色をしよう!
     8月 3日(金) 自由行動
     8月 4日(土) 苫小牧の幼稚園で一緒に夏まつり北海道の七夕「ろうそく出せ」
             ※北海道の七夕は,多くが8月7日です。
     8月 5日(日) ゲーム!パン焼き!アイスクリーム!
     8月 6日(月) 自由行動 苫小牧港発 太平洋フェリー
     8月 7日(火) 仙台港着

家族 | 22:39:01 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。