■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ディレクターがんばれ!!
みなさま
満田です。
トンデル博士も登場し、ICRPの低線量被ばく国際基準にメスを入れた、下記の番組のディレクターに対して、原子力ムラからはげしいバッシングが生じているそうです。
番組名:12月28日(水)午後10時55分〜11時25分にNHK総合TV『追跡!真相ファイル』「低線量被ばく 揺らぐ国際基準」

番組は下記でまだ見ることができます。私も見ましたが、低線量被ばくの過小評価に警鐘をならす力のこもった力作だと思い、このような報道の意義は高いと思いました。
http://www.dailymotion.com/video/xnb9h8
バッシングの内容は下記です。そうそうたるメンツです。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/aesj/snw/media_open/document/nhk_kougi120112.pdf

このままでは、心あるディレクターがつぶされてしまうでしょう。ぜひ、みなさん、「このような番組は意義がある!」「低線量被ばくの過小評価にメスをいれた続編を!」「ディレクターがんばれ」というような前向きな評価のコメントをNHKに届けてください。視聴者の声うけつけの電話番号は下記です。
0570−066−066

NHKの「みなさまの声にお応えします」のページは下記です。ここから意見を送ることもできます。
http://www.nhk.or.jp/css/index.html

どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
拡散・広報 | 23:58:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
広島IN尾道
 今日は息子のおうくんと手塚さんと一緒に行動した。朝、川内村から避難している女性の方と会う。岡山の被災者支援情報の確認などができた。無償で住居を提供してくださる方の連絡先を頂いた。建部市にある小さな小学校の状況も確認できた。

 その後、広島の尾道を目指して、高速を車で飛ばす。1時間半程で、尾道駅に到着。れいこう堂の信恵さんに出迎えて頂く。尾道のシェアーハウスに向かう。瀬戸内海に直に面した家。息子はさっそく家の中を探検。

 信恵さんと話している間、毎日新聞の記者が見えたので、福島の状況を話す。お互いの意見交換もした。100枚近くもある、これまでの新聞記事のコピーを頂く。大手の新聞会社の地方の記者の熱意も感じることができた。

 たまたま、東京から3月に尾道に避難するための準備をしに来たという二組の親子にも会えた。東京という難しい状況の中での避難者から、生の声を頂いた。昨年5月頃から東京のお母さんたちの言っていることが変わった。

 東京も危ないんじゃないか。しかし、大手メディアからは自分の知りたい情報は得られない。避難を考えても夫の理解が得られず東京を離れられないたくさんの友人がいる。避難を決意しても自分たちは福島と同レベルの支援は受けられないなどと話されていた。

 確かに福島と東京の温度差はあるが、最悪の状況に対しての対応は十分考えられる。東京都民も福島県民と同レベルで避難の補償が受けられることが必要だろう。後日調べてみたい。

 夕方になったので、お好み焼きか尾道ラーメンを食べようと言うことになった。おうくんはお好み焼きを希望したので、お店に入る。私と信恵さんはビールも注文。しばし待つと、広島風モダン焼きが来た。

 尾道から岡山に向けて高速に乗って走った。途中で降りるべき場所があったが、ナビと違う判断をしたので、30分程度のロスタイム。帰宅後、一風呂浴びてからビールで乾杯。

避難・疎開 | 21:32:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
春休みの保養
春休みの保養プランを検討中の皆様へ

沖縄国際ユースホステルHP(体験メニュー〜事業案内)からの転記になります。


説明会日程 平成24年1月24日(火) 17時~19時

説明会場所
A.O.Z アオウゼ(アクティブシニアセンター)
福島市曾根田町1-18 MAXふくしま4階
    
事業概要
沖縄県・Hilfe fuer Japan共催事業
2012春休み青少年支援プロジェクト
【期間】平成24年3月24日(土)~4月5日(木)12泊13日間

【定員】100名

【参加対象】福島県内の小・中学校の男女で全日程参加できる方

【費用負担】宿泊食事、移動交通費 無料 (集合場所までは実費負担)

【参加条件】期間中の国内旅行傷害保険への加入(個人負担)期間中の面会の禁止(ホームシック、他の子供への影響を考慮)

【受入先】沖縄国際ユースホステル(沖縄県那覇市奥武山51)

【事業担当者】沖縄県ユースホステル協会  福島誠司

沖縄県那覇市奥武山51 沖縄国際ユースホステル内
TEL 098-857-3152   FAX 098-859-3152

【その他】夏の事業開催も決定 7月23日(月)~8月21日(火)予定

拡散・広報 | 19:13:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
宮崎駿が描いた原発メルトダウン後の世界 - On Your Mark
 地球全体の歴史から見れば、人間の問題なんて流行の風邪みたいなもの、、、。

 福島はまさに風邪にかかっている。除染なんてそのレベルからすれば、うがいしているようなものなのだろう。

 宮崎駿といえば、風の谷のナウシカで環境汚染について問題提起してきましたが、もうひとつ、汚染された地球を舞台にした作品が、チャゲ&飛鳥のPVとして作られた「On Your Mark」です。

 この作品について、15年ほど前のインタビュー記事があるのですが、いま読むと、まるで現在の状況が来ることを想定して言っているようです。悲観的な人の予想が当たってしまうなんて、皮肉なことです。

 「冒頭の、のどかな田園風景の中に建つ奇怪な建物は何ですか」について宮崎氏はこう答えている。

 どう解釈してもらってもかまいませんが。その直後に出てくる放射能注意のマークのついたトラックを見て、何となくわかってもらえればいいと思うんです。地上には放射能があふれていて、もう人間が住めなくなっている。でも緑はあふれていて、ちょうどチェルノブイリの周囲がそうだったようにね。自然のサンクチュアリ(聖地)と、化している。で、人間は地下に都市を作って住んでいる。


On Your Mark 投稿者 _Nessim_

未分類 | 20:18:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
年末年始
年末から年始にかけて、関西に行っていた。そのためブログをかける環境になかったため、更新が遅れてしまいした。その間、いろんな方と出会う。関西(岡山、香川)方面に避難している家族との交流会もあった。一昨日は知人の通夜に出席。息子さんはまだ若いのに喪主を経験している。その場で旧知の方にも会えた。ハーメルンプロジェクトのジョイントチームもできた。もうすぐ、アップできるだろう。

昨日、郡山に戻ると雪。ノンストップの新幹線が雪をかきあげて目の前を通過して行った。雪の日の線量も高い傾向があるので、すぐに退散した。帰宅すると、地震の洗礼を受けた。今年になってから、その回数が多いのが気になる。

事故は収束に向かっている原発の安全性を高め、速やかに再稼働をという政界、官界、財界の根拠のない楽観的空気が流れている。除染にそれが象徴される。除染は効果的なのか?学校周辺など生活圏の除染は可能だが、森林などの生態系の除染は不可能に近い。土壌汚染、生物濃縮、食物連鎖濃縮、そして流通を通じての汚染の拡散が生じている。

野田内閣。依らしむべし、知らしむべからず、という政府の姿勢の限界が見える。もっと福島県民の活動を真摯に捉え、私たちの活動から多くを学んで欲しい。私たちは政府を信用していない。政府と私たちに「信頼」がない関係で、心配されてもピンとこないのが実情なのだ。

 人間の祖先は40億年前にこの地球上に現れてから、紫外線と放射線との戦いがあった。奇形もどんどん生まれたが、長い年月を経て進化を続けることで、放射線に抵抗できる免疫システム体系を手に入れてきた。その結果、いま紫外線や放射線の影響を受けても、地球上で毎年生まれれる新生児10万人のうち、1人くらいの奇形が生まれるレベルにまで免疫を高めるようになってきた。

 年間何ミリシーベルト以下だから大丈夫ですというのは大きなウソ。自分で自分の身体を守るしかない。特別な方法はないことを肝に銘じよう。放射線に対する免疫力を弱めないように、健康に生きることが要求される。

先ほど妻から電話があった。娘のいとさんがカゼを、それをみんなでシェア(?)している。少し耳が遠くなっているのでもしやと思っていたが、おうくんは滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)と診断された。もちろん、ママもうつされた様子。まぁ、みんなで早めに寝て下さい。

それにしても、郡山は寒い。部屋の温度は2度。毛布を一枚多めに重ねて寝よう。ただし、21日の岡山での講演会用のレジェメを明日までに作らなくてはいけないので、寝るのは2時頃になるだろう。

未分類 | 22:10:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
鎌仲ひとみ〜イベント告知
郡山市議会議員蛇石いくこさんのブログより(拡散希望)

1月29日(日)9:30受付 10:00開会

男女共同参画センター・さんかくプラザ

第1部 講演会「原発と子どもの未来を考える」

     鎌仲ひとみさん 

プロフィール:映画監督。核・原発問題など様々な社会問題をドキュメンタリー映画によって追求し、問いかけている。

■主な作品■

今、日本の女たち 1987
スエチャおじさん バリ/夢/うつつ 1990
災害は都市を襲う 阪神大震災救急医療の記録 1995
ヒバクシャ 世界の終わりに 2003
六ヶ所村ラプソディー 2006
ミツバチの羽音と地球の回転 2010

第2部 分科会

第1分科会 全ての原発を廃炉に
第2分科会 安全安心な教育の場を求めて
第3分科会 子どもに放射能をどう教えるか
第4分科会 免疫力を高めるために

入場無料

主催:第34回郡山・田村母と女性教職員の会実行委員会
問合せ:024-932-2144

拡散・広報 | 23:23:42 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。