■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「避難の権利」を確立するために
阪上 武さんからの拡散です。
..............................................
ようやく決まった「自主的」避難の賠償指針。しかしその内容は極めて限定的なものでした。真の意味での「避難の権利」を確立するために、私たちは今後、どのようにしていけばいいのでしょうか。

本集会では、この半年、原子力損害賠償紛争審査会への働きかけを続けてきた市民団体の立場から、このたびの審査会の指針を検証します。
また、避難問題の最前線、高い線量が続く福島市・渡利の深刻な状況をお伝えし、民間の力で子どもたちの短期避難を実現するための「わたり土湯ぽかぽかプロジェクト」を紹介します。

◆日時:2011年12月27日(火)18:30〜20:30
◆場所:ひと・まち交流館 京都 第5会議室
(住所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1)
  http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
◆定員:90名
◆申込み:下記よりお申込み下さい。
  https://pro.form-mailer.jp/fms/203ab86424892
◆参加費:500円
◆内 容:「自主的避難」確立への道筋:原賠審指針を検証する
     避難問題最前線-福島市・渡利のいま
     私たちの力で子どもを守ろう!?「わたり土湯ぽかぽかプロジェクト」

◆参加者:阪上武/福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
     満田夏花/国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
     西山祐子/避難者と支援者を結ぶ京都ネットワーク みんなの手
     わたり土湯ほかほかプロジェクト:京都、関西地区活動支援担当
◆主 催:国際環境NGO FoE Japan
    福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
◆共催(予定・打診中):
    グリーン・アクション、NGO e-みらい構想、環境市民、気候ネットワーク
      使い捨て時代を考える会、アジア太平洋資料センター(PARC)
    美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
◆協力:地域環境デザイン研究所ecotone
◆問い合わせ先 国際環境NGO FoE Japan
              Tel: 03-6907-7217(平日・9:00〜21:00)
              Fax: 03-6907-7219 E-mail: finance@foejapan.or

※関連情報
【朝日ニュースター番組】なぜ避難勧奨地点にならないのか!? 苦悩する福島市渡利地区
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1281
【報告】10月28日 政府交渉:渡利の子どもたちを守れ!
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-756e.html
【動画ダイジェスト】10月8日、渡利・小倉寺地区住民説明会で何が生じたのか
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/108-83e0.html
避難区域外の「福島」で今生じていること ?大波・渡利・小倉寺における情勢?
http://www.foejapan.org/energy/news/pdf/111012_s3.pdf

スポンサーサイト
拡散・広報 | 13:43:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
お月様が夜の海を泳いでる
 『地球を飾りたい。お月様が夜の海を泳いでる。』これらは、二人の子どもたちの言葉である。だいぶ、成長したもんだ。さて、震災から9ヶ月。年もだいぶ収まりかけてきた昨今である。今年はいろんな意味で、生活自体が破壊されてしまった。逆な面では、いろんな方との出会いがあった。残念ながら、名前が覚えられない。それほど多い。毎年購入しているカレンダーの注文も出来なかった。

 私自身も週末には岡山に戻る。家族サービスも必要になる。離ればなれになって以来、子どもたちをかまってやれなかった。3歳の娘、6歳の年長の息子には、申し訳ないと思う。25日には避難者の集会もあるし、新たな移住先の下見もある。また、一時的な保養に来ている方々との交流会にも参加する予定だ。岡山、広島、香川と、、、。

 ネットの環境がどうなるかわからないので、ブログなどをアップできるかどうか。

 私自身の体調について感じる事を書き留めておきたい。まず、体が宙に浮いているような浮遊間がある。これは9月、10月頃もあった。一時的に消えていたが、最近また復活している。もう一点、後頭部が痛いことである。首を回そうとするとうまく回らない。

 水分の補給については、夏程ではないが、水やお茶を欲しがる体になっている。そのため、夜中に2〜3回はトイレにいくハメになる。

 イブのために、セラーノハム、ハンバーグなどをネットで注文した。生徒が帰ったので、ワインをあけた。2009年のシャルドネ(勝沼産)である。ワインは、お酒の中で唯一アルカリ性で、しかも、ミネラル分が豊富である。だから、ワインを飲むことで新陳代謝を促し、弱アルカリ性の健康な体を保つことができる。ほんとかな?

 Mさんから、電話があった。県外に出て、いろいろアピールして下さいとのエールだった。チャレンジスピリットとパイオニア精神でこの震災を乗り切りたい。ただし、政府や東電、福島県知事の悪疑を許すつもりはない。諸君たちは地獄の底が最終地だ。想定外だろうが、まぁ「ただちにではない」ことが救いだろう。

 21日は山口から果物・野菜が届きます。私の自宅でありますので、参加して下さい。時間はいつも通りです。10:30〜12:30になります。シャルドネを2杯飲んだので、手元にある日本酒を頂く。辛口と書いてあるが、甘い。飲んだことを後悔するのだが、遅い。

 未曾有の時代が始まろうとしている。とんでもない時代が来たことを無視してきたからだ。レイチェルカーソンが『沈黙の春』を発表したのは1962年、公害という名の自然破壊は、その前にすでに限界を超えていたのである。世界が病んでおり、急激に崩壊へと向かいつつある。知っている。感じている。それでも、知らないふりををしている。その結果を受け止めるのはあなたたちである。


家族 | 23:07:30 | トラックバック(0) | コメント(1)
Спокойной ночи
「長恨歌」は、古来多くの日本人に最も愛されてきた。この詩は叙事詩の体裁で、物語詩とでも言うべきであろうか。それは、八世紀の偉大な唐の玄宗皇帝とその愛人楊貴妃の悲劇的な恋物語で、漢詩の中でもストーリーを持った珍らしい作品である。

白居易は長恨歌の恋物語を閉じるに当たって、自分の感慨を添える。

天長地久有時盡   天は長く 地は久しくとも 尽きる時有り
此恨綿綿無盡期   この恨み 綿々として 尽きる時無し

「天は長く地は久しく存在するとしても、やがては天地ともに滅び尽きることが有るだろう。だがこの恋の恨み、愛の裏にある別れの恨みは、天地が滅びようとも綿々として尽きることは無いだろう」と。

放射能で負けるのか負けないのか。人の営み自体は超える立場にあると白楽天は説くように思える。

ふとRobert HerrickのTo Daffodilsの一節を思い出した。
                 
Fair Doffodils, we weep to see you haste away so soon
As yet the early-rising Sun
Has not attain'd his noon.
Stay, stay,
Until the hasting day
Has run
But to the even-song
And, having pray'd together, we will go with you along.

今夜は独り、少し飲み過ぎた。


パパ〜!!まだ酔ってないよ〜〜。
おうくんといとさんからのメッセージでした。確かに、、、。

未分類 | 00:51:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
サハリン保養・文化交流
10(土)ハーメルンプロジェクトの会議を行った。蛇石議員、滝田議員、竹内、渡辺、志田の5名が参加した。ロシアのサハリン州政府から被災地の子どもへの支援報告についてである。

事の発端は、札幌大学の金子教授との夏の出会いである。「メドベジェフ大統領夫人が非公式だが、福島の子どもたちを800名サハリンで受け入れたい」との話を金子さんから頂いたからだ。

その後、話が進展して、10月30日に兼子私宅でロシア連邦総領事、市議会議員、会社社長、声楽家など15名(郡山からは滝田、志田が参加)ほど集まって(名目上は秋の収穫祭)歓談してきた。

話がどこまで進展するのか、私自身もわからなかったので、知り合いには話したが、ブログ等ではあまりオープンにせずにいた。

その後、11月28日、サハリン州副知事から会いたいとの連絡を受けた。滝田さんは議会があったため、私が札幌まで飛行機で飛んだ。会って何かが進む訳でもないだろうから、あまり気乗りはしなかった。飛行機代もバカにならない。そうは言っても、これも何かのチャンスと思い、出かけてきた。運命の女神は後ろ髪がない。確かにその言葉通りである。なんと大収穫だったのは嬉しい誤算である。

生まれて初めて、治外法権の場である外国の領事館に入った。総領事のサープリンさんとはひと月前に面識があったので、玄関先に迎え入れて頂いた。副領事のユーリーさんも側にいて、握手を求めてくれた。玄関先でコートを脱いで、室内に案内された。吹き抜けの部屋の天井のシャンデリアがまぶしく輝いている。12人がけの大きなテーブルがあり、その上には砂糖とビスケットらしきものが置いてあった。

10分程、サープリン氏と話す。福島の現状についていろいろ質問があった。そうこうしているうちに、サハリン州副知事一行4名が到着した。

英語表記では、Trutneva Irinaと名刺に書かれたあった。イレーナさんで良いのだろうか?補佐官が二人、一人は通訳。もう一人は写真を撮影したり、筆記していた。札幌サハリン州知事代表のクトヴォイさん。

紅茶が出てきて、どうぞと促されるので、一口飲んだ。美味しい。一通り挨拶がすんで、私の自己紹介をさせて頂いた。3歳と6歳の父親ですと言って、子どもの写真を見せると、彼らの顔が和んだ。たぶん、「あら〜かわいいね」的なことを言っていたのだろう。もちろんロシア語で。私はロシア語はわからないが、そんな気がした。

続く

PS:サープリンさんから、今、電話が来た。サハリンのロータリークラブ側も何か支援を考えているが、それはロータリークラブが責任を持ってやるように。また、サハリン州政府は州政府が全責任をもつので、各プランを別々に分けて対応して頂きたいとの話だった。了解しました。

もしかしたら、私自身もサハリンに下見に行く事になりそうです。サハリンの病院で治療なんてことも経験できるかも(*゚o゚*)~゚ ボー。ぜひ、ハーメルン・プロジェクトに寄付とご支援、宜しくお願い致します。

保養 | 17:13:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
わたり土湯ぽかぽかプロジェクト始動!
FoE Japanの満田さんからの拡散依頼です。
わたり土湯ぽかぽかプロジェクト始動!
~あなたの力で、渡利の子どもたちの一時避難を実現させよう!~

福島市の中でも特に空間線量が高い状況が続く渡利地区・・・。毎時2マイクロシーベルトを超す場所もたくさんあります。

「除染がはじまって効果があがるまで、せめて子どもたちを一時避難させて!」こんな切実な声にこたえて、「わたり土湯ぽかぽかプロジェクト」をはじめます!

これは、渡利から車で30分ほどの土湯温泉(福島市西部)の旅館に、週末やウィークデイに、わたりの親子に滞在してもらうというもの。

土湯温泉は、空間線量は毎時0.1~0.2マイクロシーベルトと低く、渡利の10分の1から20分の1です。子どもたちがきてくれれば温泉もにぎやかになります。

ということで、セーブわたりキッズ、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク、フクロウの会、FoE Japanの4団体が、土湯温泉とタッグを組んで、「わたり土湯ぽかぽかプロジェクト」を開始します。

このプロジェクトの成功には、みなさまの寄付が欠かせません。

助成金をフル活用しても、わたりの親子が一時避難を行うためには、寄付による補填が必要です。寄付が集まるほど、多くの親子が長期間、避難することができます。

ぜひ、みなさまからの寄付をお寄せください。頂いた寄付は、本プロジェクトの実施のため、わたり親子の宿泊費の補助、交通費、運営費などにあてさせていただきます。寄付は何口でも歓迎です。

続きを読む >>
拡散・広報 | 15:37:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
福島学童冬休み受け入れ計画
以前にお知らせした千葉と福岡の冬休みプランです。愛・ふくしまひかり塾 事務局 本田様から頂きました。千葉の方はまだ、申し込み可能です。希望される方は、ご連絡ください。

共同主催「愛・ふくしまひかり塾」(福島県呼びかけ団体)
     印旛・手賀沼環境あっぷ協議会(千葉県受入れ団体)
     NPO法人グラウンドワーク福岡(福岡県受入れ団体)
  
■千葉県コース
受け入れ団体: 印旛・手賀沼環境あっぷ協議会 
        担当者:代表 岩波初美
                〒273-0124  千葉県鎌ヶ谷市中央1-1-34 前田ビル3F ℡ 047-445-5780 Fax 047-445-5790
        e-mail   inba-tega@inbanuma.jp
受入日時  : A日程:平成23年12月23日(金)~25日(日)2泊3日
        B日程:平成23年12月23日(金)~28日(水)5泊6日
受入学童数 : A・B日程合わせて30名予定(小学4年生~中学生)
受入れ方法 : 受入れ世帯を募集し、2人1組で各世帯にホームスティします。
        主に鎌ケ谷市・船橋市・浦安市で受入れ家庭の募集をかけている。
予算  : 宿泊費・食費は受入れ家庭に負担協力いただきます。
旅費・雑費については団体が負担します。(但し個人的費用 対象外)
 
■福岡県コース
受け入れ団体: 特定非営利活動法人グラウンドワーク福岡(GWF)
        担当者:事務局長 大谷妙人
                〒812-0017 福岡市博多区美野島2丁目16-8 日大ビル4階
        ℡ 092-414-1234 Fax 092-414-1155
        e-mail   gw-fuku@d3.dion.ne.jp
受入日時  : 平成23年12月23日(金)~28日(水)5泊6日
受入学童数 : 20名(小学生15名・中学生5名) 旧川口邸(GF所有)にて全泊します。
予算  : 新しい公共のための場づくり支援事業(内閣府)
      英国ウエールズ・グラウンドワーク・マーサー&ロンダカノンタフ活動支援金GWF活動災害復興支援金を充当
宿泊費・食費・旅費・雑費についてはGWF負担(但し個人的費用 対象外)
 
【申し込み・お問い合わせ】
愛・ふくしまひかり塾 事務局 本田紀生
申し込みは メール:noriohonda224@gmail.com
      FAX:024-545-8908
 お問い合わせ 電話:080-3192-2998
申し込み締め切り:12月15日(先着順で決定させていただきます)

詳細は続きを読むで、ご確認ください。

続きを読む >>
保養 | 21:16:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
新しい生き方を選んでみませんか?
島根県吉賀町移住説明会
「新しい生き方を選んでみませんか」〜ふくし留学のすすめ

 来る12月10日(土)島根県鹿足郡吉賀町が疎開の説明会を福島県郡山市で行います。
吉賀町ってどんなところ?
吉賀町町長 中谷勝がお話いたします。

 

旧柿木村では村ぐるみで30年前から有機農業に取り組み、森、川、土との共生、自給自足の精神が生きている場所です。「来てみんさい、なんとかなーけん」(来ればなんとかなるよ)という懐の広さが、力になってくれるでしょう。
公営住宅もありますが、キャパが限られていますし、地域とのつながりがもちにくいと思います。

 町中の空き屋などにまずは移り、1年間は町が家賃を全額みてくれるので、自分たちにとってよりよい場所を安心できる暮らしの中で見つけていくのがよいと思います。病院、保育所、もうひとつのテーマは、六日市学園のふくし留学。
介護福祉科で2年間学ぶプログラムです。


 年末年始で閣議決定されれば、離職者訓練制度が使えます。
学費は全額免除。条件にあえば(不動産を所有していないなど、金融資産と所得制限)、月々10〜12万円の生活給付金も出ます。
福祉事業所で働きながら、自給自足的農業に取り組むというのもありです。
島根県は「兼業」での就農プログラムをもつ奇特な県です。ともあれ、ひとりひとり、一家族一家族にみあった受入をめざします。


12月10日 (土曜日)14時~16時
郡山市総合福祉センター
郡山市朝日一丁目29番9号
参加申込 0120-294-027  学校法人六日市学園

保養 | 19:05:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
冬休みプラン IN 尾道
広島県尾道への冬休み保養プランの詳細を多少変更してお知らせ致します。

申し込みを希望される方は、れいこう堂(ひなの会 代表:信恵勝彦)に直接電話をかけて下さい。プランAB共に、一部屋一家族になります。

プランA(シエアーハウス)
6畳の部屋が5部屋あります。一家族一部屋になります。

浴室、台所、洗濯場、リビングなどは共有です。かなり良い家の作りで、関東からの自主避難のお母さんには好評です。交通機関はバス停が30mのところにあります、繁華街には東西線どちらに乗られても7,8分です。便数も15分1本はあります。こちらの家では炊き出し等は出来ませんが、おもてなしeventにはお連れしますので、参加下さい。

今回の冬休みプランでは12/21から1/10までの間は無償で宿泊にしてますが、通常の避難お方のシエアーハウスとしては1ヶ月電気代等込みで2万円頂いてます。

尾道駅よりバス、7分です。

交通費は半額はこちらで、負担します。
光熱費、管理費は1日500円頂きたいです。
家賃は、大家サンの好意で、冬休みプラン中は無料です。
基本的な食材は(お米、野菜、調味料など)は協賛や農家さんからのカンパで揃えています。好みの差がありますでしょうから、それ以外は自費、割り勘にして下さい。


プランB(各部屋は一家族の割当になります
友愛山荘 尾道市西土堂1253  千光寺公園内
形式(簡易型宿泊施設)
今回のプランを利用される方にかかる費用宿代、光熱費は無料です。交通費は半額負担します。

部屋   全て3階です。暖房エアコンあります。
2段bedが4つある部屋が5部屋(内1部屋は横並びbed)
一家族1部屋で、5家族可能です。

15畳の畳部屋が一つ。5人以上の家族の方、1家族もしくは学生(小学生くらいから高校生くらいまでの)さんの団体生活に適します。

15畳のリビングが一つ(食事や、懇談の共同のスペースに、)

風呂は3,4人用の男女別浴室
男女別のトイレ、洗面場、台所、洗濯場
就寝の部屋は暖房、布団はあります。

こちらで、考えている
おもてなしは
基本的な食材の準備、お米、野菜等、調味料等、、、、、
週に最低2日は地元のお母さんとの交流を兼ねた、炊き出し的な寄り合い、
近場の温泉に案内(無料送迎バスがあります)、
シエアー出来る、車の調達(買い出し等に必要な車)を1台借りる予定、
年明けに餅つき大会も企画予定、
帯同しての買い出しなどです。

れいこう堂
722-0032 広島県尾道市西土堂1-16 
ひなの会 代表 れいこう堂(信恵勝彦 090-1336-4757)
reikodo.club@gmail.com



保養 | 14:55:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
TPPに参加すると日本もこうなる
閑話休題
 【米韓FTAの実態・TPPに参加すると日本もこうなる】

①畜産業が壊滅する。韓国が現在かけている牛肉の関税40%が15年で、豚肉の関税25%が10年で撤廃される。韓国の畜産は、日本と違いブランドの競争力(例えば松坂牛のような)が無く、関税が無くなると致命的なダメージを受ける。

②医薬品問題。韓国側がジェネリック医薬品を作る際、必ず医薬品メーカーに申告しなければならない。申告を受けたアメリカの医薬品メーカーが、もし、これを利益侵害と認定すれば、即刻提訴出来る。

③国境を越えたサービス貿易。韓国の郵便事業者(韓国ポスト)の独占的な事業拡大を一切許さず、民間事業者と同一のルールを適用する。また、韓国の保険会社に、競争上の優位を与えてはいけない、という規定もある。韓国ポストは、財務諸表の提出も義務づけられている。

④知的財産権について。権利者からの直接の申し立てが無くても、著作権侵害だと「関係者」が判断すれば、その職権で、刑事上の手続きを取ることが出来る。すなわち、作曲家が申し立てなくても、所属事務所やレコード会社の判断で、刑事訴訟をおこせる、ということ。

⑤ISD条項。アメリカ資本が、利潤確保の妨げになる韓国政府の法律と制度を、国際機構に提訴することが可能になる。アメリカ系企業による韓国地方自治体への提訴が増えると予想され、敗訴した場合、莫大な金銭的被害を自治体が受ける可能性が高い。

⑥サービス市場のネガティブ方式開放。基本的に、サービス市場を全面的に開放することを前提に、例外的に禁止する品目だけを明記する。

⑦未来最恵国待遇。今後、韓国が、他の国とFTAを締結し、より高い水準での市場開放をした場合、米国にも同じ条件を適用しなければならない。(これが昔、日本が不平等条約で大変苦労した点。)

⑧逆進防止条項(ラチェット条項)。一度規制を緩和すると、どんな事態があっても元に戻すことは出来ない。例えば、米国産牛肉で狂牛病が発生したとしても、牛肉の輸入を中断することが出来ない。

⑨非違反提訴(Non-Violation Cmplaint)。米国企業が利益を得られなかった場合、米国政府が国際機関に対して韓国政府を提訴出来る。たとえ自由な企業間競争で米国企業が負けたとしても、負けたのは韓国側の規制のせいだと訴えられる。

⑩Snap-Back:自動車分野で韓国が協定に違反した場合、または米国製自動車の販売・流通に深刻な影響を及ぼすと米国企業が判断した場合、米国の自動車輸入関税2.5%撤廃を無効に出来る。

⑪政府の立証責任。国家がかける規制が必要不可欠であることを、国家が科学的に立証しなければならない、という条項。韓国政府が規制の必要性を立証出来ない場合、市場開放のための追加措置を取らなければならない。

 韓国とアメリカのFTAの実態だが、TPPに参加後の日本の未来像が見えてくる。金のある人がよりもっと金を集めたい。そのシステムがTPP。「原発は安心です、しかも安いです」の手法にだまされることと同じ。TPP加盟によって、日本という国が崩壊してしまう。国の法律以上に、外国企業の利益の方が優先されるのがTPPの本質。

 柴田さ〜ん!!ご参考までに。以上IWJの岩上氏から教えて頂きました。岩上さんが批判されていますが、私は岩上さんの活動を応援します。みんなで協力しましょう♪。
 

拡散・広報 | 23:23:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
尾道の冬休みプラン
広島県尾道市のれいこう堂さんからの冬休みプランが来ています。まだ、詳細で確定していない部分がありますが、参考にしてください。


宿代、光熱費は無料です。
交通費も半額負担します。

ただ、先に送りした、一軒家のシエアーハウスと違い
合宿形式の団体生活的になります。

2段bedが4つある部屋が5部屋(内1部屋は横並びbed)
15畳の畳部屋が一つ。
15畳のリビングが一つ(食事や、懇談の共同のスペースに、)

風呂は3,4人用の男女別浴室
男女別のトイレ
洗面場、
台所、洗濯場
就寝の部屋は暖房、布団はあります。

こちらで、考えている
おもてなしは
基本的な食材の準備、お米、野菜等、調味料等、、、、、
週に最低2日は地元のお母さんとの交流を兼ねた、炊き出し的な寄り合い
近場の温泉にとか
簡単な観光案内
シエアー出来る、車の調達
帯同しての買い出し等
などです。

交通費の半額はこちらが、明日から、企業や個人様から、カンパをして頂けるように動きます。集まる金額により、半額負担出来る人数が決まります。
予定の20人の方をお呼び出来ないかも知れませんが、頑張ります。
0511

0510

保養 | 23:56:07 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。