■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
民主党Manifesto
 今日は、福島の子どもを守る法律家ネットワークの梓澤さん、川崎さんのコネクションで、参議院会館で谷岡議員に会うために出かけて来た。なんと谷岡さんは、私と誕生日が同じだったので、ジャスト3歳年下。物事に対する嗅覚が同じ人間でもあり、意気投合。動くことによって、出会いがある。

 今後、福島復興のために、尽力頂けると確信した。日本は法治国家であるなら、憲法や他の法律の範囲内で、できることがある。民主党の政権政策のマニフェスト『国民の生活が第一』である。

 福島県民は、日本国民ではないのだろうか?

 私たちの生活は3.11以降、完全に狂わされている。わが家の場合、住民票が家族バラバラ。妻と子ども二人は、岡山県。そして、私自身は福島県。そんな家庭があるのだろうか。

 まず、福島県知事の考えが一番問題なのだ。彼は何を守ろうとしているのだろうか?

 新幹線から降りて、バスに乗った。するとこんなアナウンスが流れて来た。

 「新鮮な空気を深呼吸できる町」

 余程、郡山市は困っているのだろう。そんなことをアナウンスしないと、郡山市の安全性をアピールができない。今日は朝から動いていたが、一遍に疲れがふっ飛んでしまった。

 明日から、福島市で全国サミットがある。私は二日間参加する。
teru2.10
 銀座の老舗バー「TARU」のスタッフの皆さん&赤羽さん、「復興カレー」ごちそうさまでした。今度、jazzを聴きに来たいですね。淡路の門市長さんを連れていきます。

スポンサーサイト
政府答弁 | 23:53:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
高木文科相
 1号機もにならず、2号機も、3号機もメルトダウンしていた。政府も東電も私たちフクシマ県民に何も知らせていなかった。そんな対応が許されるのでしょうか?

 確か,最初の保安院の会見ではその内容を示唆していたが、その後、いつの間にやら消滅してしまった。当初からメルトダウンしていたのです。

 皆さん、時間がありません。

 特にフクシマ県民は、何も悪い事をしていないのに、追い詰められています。

 子どもが、母親が、若い女性が、男性が、農民が、漁師が、まじめに生きようとしている人がみな、「安心です。ただちに被害はありません」のキャンペーンに騙されてきました。

 このまま黙っていては何も解決しません。きちんと声をあげるましょう。そして、一人でも多く手を結びましょう。とにかく、立ち上がるのです。

 政府は私たちフクシマ県民を守ることを前提に行動しません。私たち一人一人が、考えて行動しましょう。声をあげましょう。

 『放射線源を隣り合わせにした、そういう現場と学校を一つの同じような状況・環境に捉えることはいかがなものかと思っています。』

 『自主避難ですか?データあります?』

 『安全は大丈夫、ただ安心をいかにして高めるか?』と的外れな返事をしているのが、滑稽でもある高木文科相。正しい判断できるのですか???

 高木文科相大臣の思考回路がよくわかります。彼は何もわかっていない。


政府答弁 | 18:10:43 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。