■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
家族で行こうよ!自然体験♪
IMG_2615.jpg
上國料さんから、移動保育プロジェクトの案内を頂きましたので、アップします。
郡山市湖南町福良(線量0.08μSv)です。淡路島のわが家も0.08~0.25μSv。

【家族で行こうよ!自然体験♪】

移動保育プロジェクトでは、福島県の未就学児を対象にした外遊び支援活動を毎月行っております。
豊かな自然の中で河原で、水遊びをしたり、草花を摘んだり、トンボを追いかけて親子で遊んでみませんか?
本格ピザ窯でのピザ焼き体験や試食会なども御用意して、皆様のお越しをお待ちしております!
一緒に夏の思い出をつくりましょう♪

【日程】
8月31(土) 10:00~13:00
※雨天中止
【場所】
郡山市湖南町福良(線量0.08μSv)
※現地集合解散
詳しくはお問い合わせ下さい
【参加料金】
無料
【対象者】
福島県在中の方で、未就学児のいる御家庭又はグループ(未就学児の方がいらっしゃれば、小学生の参加も大歓迎です!)
【募集期間】
8月28(水)まで
【お申し込み・お問い合わせ】
024-953-4484
 担当増戸まで御連絡下さい
【主催】
特定非営利法人移動保育プロジェクト
 〒963-8851 福島県郡山市開成5丁目18-23石井ビル201

スポンサーサイト
自然保護 | 19:13:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
いのちを守る300キロの森づくり
宮脇 昭「いのちを守る300キロの森づくり」

 宮脇 昭氏による、震災によって出た大量のガレキを再利用し、土地本来の本物の森による防潮林(防潮堤)の提案VTRです。

 緑の森は本来、私たちの暮らしと関係深い存在です。神社を遠くから見ると、こんもりとした森があり、その一端に鳥居がある。鳥居から森林の内部に向けて参道があり、その行き当たりに境内や本殿があり、その背後には森林の中央部が位置するようになっていて、森の深い方に向かって礼拝をする形になっている。

 このことからも「社(やしろ)」が先に在ったのではなく、信仰された森に社が建てられたことがわかります。また海岸近くに魚つき林という、古くから保護された森林がある場合、そこに神社が設けられている例が多い。

 3本植えれば森、5本植えれば森林となります。1億2000万の人が一人3本ずつ植えれば3億6000万本の木を植えることができる。

 みなさん、今すぐ、誰でもできる、
  土地本来の本ものの木を、
   あなたのため、
 貴方の愛する人のため、
  足下から木を植えましょう。
   私も植えます。


宮脇式植樹のポイント。

 ・その土地に昔からある樹木を植樹すること。
  鎮守の森や古い屋敷林にその手掛かりが残っている。

 ・高木、中木、低木、草木を偏りなく まんべんに植樹する。種類を限定しない。
  特に広域高深度に根をはる高木は 森や地盤の安定には重要。 

 ・20~30種類の樹木を混植&密殖する。
  単植林は 生殖活動が活発になるので 花粉が多くなる。

 ・ポット苗を使う、3年は手入れをするが、それ以降は自然に任せる。
  手が掛からない森作り。

【宮脇 昭プロフィール】
横浜国立大学名誉教授。世界各地で植樹を推進する現場主義の植物生態学者として、これまで国内外1700カ所以上で植樹指導し、4000万本以上の木を植えている。『植物と人間』『木を植えよ!』など著書多数。

自然保護 | 18:07:27 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。