■プロフィール

mamoru shida

Author:mamoru shida
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
The Hameln Project
今年の夏の保養支援プログラム”福島〜ドイツ高校生交流支援”が終了しました。報告は後日アップします。ありがとうございました。 

【寄付・支援金受付窓口】
振込口座 ゆうちょ銀行
記号 18260  番号 38117571
名義 ハーメルン・プロジェクト

この口座を他金融機関から振込する際には次の内容をご指定ください。
店名 八二八(読み ハチニハチ) 店番 828 
預金種目 普通預金        口座番号 3811757


メルアド:angel※hamelnproject.com (※を@に変えてご連絡お願いします)

ハーメルン・プロジェクトのホームページ

ハーメルン・プロジェクトのジョイントチーム

The aims of the Hameln Project are to inform parents and pregnant women about specific activities and information related to the evacuation of children and the supporting of children in Fukushima.

*Establishing the Hameln Project Mamoru Shida, representative
The time has come to make our minds up with "Harenochi-kumori, Picnic! - Let's go on a picnic on a fair (then later cloudy) day"!

The project is targeted at babies, pregnant women and their families.
Why don't we get out of Koriyama city for a while?
Fukushima Prefecture, which was directly damaged during March's earthquake disaster, is still rather chaotic.

Fortunately, we, as the residents of Fukushima prefecture, have been receiving offers from a lot of our neighboring prefectures which had no earthquake damage to take us in.

To accept such offers from strangers reminds one of the meaning of the old saying that says, "even a chance meeting is due to the karma in previous life".

Because it can be so difficult to consider our future, when sitting here, surrounded by all of this destruction, why don't we evacuate for a short while, take a rest, and then think about the future?

Mothers with small children should consider these three points when trying to avoid the radioactive contamination caused by the recent nuclear power plant accidents:
1.Evacuate right away.
2.Relax at evacuation sites
3.Only come home after boosting your power and evaluating your options

Account information for donation and grant
JP BANK
Code:18260 Account number:38117571
Account Name:Hameln Project
日本語、ドイツ語、中国語でお読みになる方は続きをご覧下さい。


The meltdown in the Fukushima Dai Ichi Nuclear Power Plant happened right after the earthquake hit. During that time, when I thought about the potential for radioactive contamination, I wondered if it was really OK to keep living like this? I spent a lot of time worrying about this.

I have a three year old and a five year old. In April, my wife and two children went to Shizuoka to evacuate. My children were bouncing off the walls at the park. Of course, it is a tough situation that my family had to separate, but I'm happy to think that they now have little chance to be exposed to radiation. They made a brief visit in June. However, when I thought about the amount of accumulated radiation, there was no way I could let my children stay in Fukushima anymore.

Therefore, I have decided to send my wife and children to Okayama. It was a tough decision to make, but as time has gone by, I realized I had made the right choice because nothing bad has happened to my family.

Hameln Project feels the same way. As time goes by, we want to be able to say "Nothing bad has happened". To do so, we encourage the children living in the affected areas be evacuated. Furthermore, we encourage projects aimed at removing all of the radioactive contamination, in order for our children to be able to live safely.

Hameln Project is trying to make it easy for parents to evacuate their children by working with private organizations and administrative agencies.

*Regarding donation and grants
We have been receiving inquiries about donation and grants not only from all over Japan but also from abroad. To facilitate the receiving of donations, we have opened a bank account. Every little donation will help. We appreciate your support.


放射能被ばくから子どもを守る(ハーメルン・プロジェクト)

"はれのちくもり ピクニック"
決断と行動する時がきました!!

ちゃんや妊婦、幼児とその家族が対象です。
福島からしばらく疎開(避難)しましょう。


震災を直接受けた福島県は、混乱の最中にいます。
しかし、地震の直接被害のない多くの県から、
私たち県民を快く受け入れる申し出があります。

知らない人のお世話を受けるもの”他生の縁”かもしれません。

この地に留まってあれこれ心配するより、
一時避難して、一休みしながら,
これからのことを考えましょう。

放射能汚染の嫌いなママや子どものために
(原発事故をさけるための賢い3か条)
1.直ちに逃げる
2.疎開先でノンビリする
3.パワーアップして帰宅する


地震発生後、二ヶ月が過ぎました。そんな中で、放射能汚染のことを考えると、このままここで漠然と過ごしていて良いのか?私自身悩みました。

わが家には3歳と5歳の子どもがいます。4月になって妻と子どもたち3人で静岡に疎開。子どもたちは公園で元気に遊んでいます。もちろん、家族がバラバラなのは辛いのですが,被ばくのことは考えなくていいのが嬉しいです。(5/21帰宅)

子どもを疎開させるための関連した情報や具体的な活動などを今後、お知らせします。

フクシマの子どもたちを支援する、郡山市在住の二児の父親です。

☆   ☆      ☆         ☆
上記の内容等で質問や相談があれば、メールを下さい(※印を@に変換して下さい)。
mail:mutoku※r2.dion.ne.jp

PS:ホームステイ疎開先リスト。北海道から沖縄、全国の情報がまとまっています。海外イタリア、フィジー島、ペット可の受け入れ先もあります。
福島県民の自主避難受け入れ先リスト



【寄付・支援金受付窓口】
振込口座 ゆうちょ銀行
記号 18260 番号 38117571
名義 ハーメルン・プロジェクト
 

子どもたちを疎開させるための関連した情報や関連活動などを、保護者の方や妊婦の方にお知らせし、福島の子どもたちを支援する事を目的として設立致しました。募金の支援も緩やかにお願いします。

(Here is the German translation.I wish you good luck with your efforts! Petra Kolonko)
Das Hameln- Projekt
Ziel des Projekts ist es ,Eltern und Schwangere über Aktivitäten im Zusammenhang mit der Evakuierung von Kindern aus Fukushima und die Unterstützung von Kindern in Fukushima zu informieren.

Der Leiter des Projektes ist Mamoru Shida aus Koriama, Präf. Fukushima, schreibt:

Es ist an der Zeit , dass wir uns entschliessen ,ob wir weggehen!

Das Projekt richtet sich an Schwangere und Eltern mit Kindern

Warum verlassen wir Koriama nicht für eine Weile?

In der Präfektur Fukushima, die vom Erdbeben und Tsunami getroffen wurde, ist noch immer nicht alles in Ordnung

Zum Glueck haben uns Nachbarpräfekturen angeboten, uns aufzunehmen

Es ist so schwierig unsere Zukunft zu planen, wenn wir hier sind
Warum gehen wir nicht für eine Weile weg und entspannen?

Mütter mit kleinen Kindern sollten sich überlegen, ob sie nicht evakuieren sollen, sich in der neuen Umgebung entspannen und zurückkommen, wenn sie Kraft geschöpft haben für wichtige Entscheidungen

Nach der Kernschmelze in Fukushima daiichi habe ich lange über die Verstrahlung nachgedacht. Ist es wirklich sicher, hier weiter zu leben?


Ich habe ein 3 und ein 5 Jahre altes Kind. Meine Frau und meine Kinder sind im April zuerst nach Shizuoka gegangen. Natürlich war es traurig, dass die Familie getrennt ist, aber ich war froh, dass sie jetzt keiner Strahlung ausgesetzt sind. Wenn ich daran denke wie viel Strahlung sie hier aufnehmen würden ,dann denke ich , sie dürfen nicht zurückkommen.
Jetzt leben meine Frau und meine Kinder in Okayama, es war eine schwierige Entscheidung. Aber ich bin sicher ich habe richtig entschieden, zum Schutz meiner Familie.

Das Hameln Projekt will andren bei dieser Entscheidung helfen.
Wir ermutigen Kinder aus den betroffenen Regionen zu evakuieren
Und wir unterstützen Projekte der Dekontaminierung, damit unsere Kinder sicher leben können

Wir arbeiten mit privaten und öffentlichen Organisation zusammen

Unsere Konto Nr für Spenden
JP Bank Code: 18260
Konto nr. 38117571
Name des Kontos : Hameln Projekt


保护儿童不受到辐射
野游
到了采取决定和行动的时候啦
针对婴儿和孕妇及家属
暂时离开郡山市避难
受到地震的福岛县、正在混乱中
然而、没有直接受到被害的多县里
可以愉快的接受福岛县的县民
对于陌生人的照顾可能也是前生的缘分
留在这里担心、不如暂时避难、休息一下
考虑将来
为了不喜欢放射性污染的妈妈和孩子
避免核事故三条明智的选择
1立即逃跑
2舒舒服服的休息
3带着能量回家
发生地震后,已经两个月过去了。在这里考虑到放射性污染,
就这样沉默下去对吗 我也很烦恼。

我家里有3岁和5岁的俩个孩子,4月份我的妻子和俩个孩子疏散到静冈。
孩子们徤康的在公园游玩,当然,家庭分散是很痛苦的,不用考虑遭受辐射也很高兴。
5/21归宅
关于疏散儿童的具体情报和活动,再行通知。

支援福岛的孩子们,住在郡山市两个孩子的父亲。

☆   ☆   ★   ☆   ★   ★   ☆
捐款方式
邮政银行转帐
JP BANK
Code:18260 Account number:38117571
Account Name:Hameln Project


这个团会是疏散儿童具体活动和情报,并告诉所有监护人和孕妇。目的是支援福島的孩子们。
スポンサーサイト
避難・疎開 | 21:47:05 | トラックバック(0) | コメント(7)
コメント
福島大学の先生から、
知事に、出された要望書です。

http://fukugenken.up.seesaa.net/image/E8A681E69C9BE69BB8ver8.pdf

> 震災、津波の被害に加え、
> 福島第一原子力発電所の爆発事故にともなう
> 広域の放射能汚染は、

> 福島県の浜通りのみならず、
> 中通り、
> さらに会津地方にまで及んでおります。
2011-06-08 水 21:48:31 | URL | 北の国から [編集]
ハーメルンのネーミングは悪趣味じゃないですか?「ハーメルンの笛吹き男」を連想させます。物語の内容はご存知ですか?1284年、ハーメルンに「鼠捕り」を名乗る色とりどりの布で作った衣装をまとった男がやって来て、報酬と引き換えに街を荒らしまわるネズミの駆除を持ち掛けた。ハーメルンの人々は男にネズミ退治の報酬を約束した。すると男は笛を取り、笛の音でネズミの群れを惹き付けると、ヴェーザー川におびき寄せ、ネズミを残さず溺れ死にさせた。ネズミ退治が成功したにもかかわらず、ハーメルンの人々は約束を破り、笛吹き男への報酬を出し渋った。

怒った笛吹き男はハーメルンの街を後にしたが、6月26日の朝(一説によれば昼間)に再び戻って来た。住民が教会にいる間に、笛吹き男は再び笛を吹き鳴らし、ハーメルンの子供達を街から連れ去った。130人の少年少女が笛吹き男の後に続き、洞窟の中に誘い入れられた。そして、洞窟は内側から封印され、笛吹き男も洞窟に入った子供達も二度と戻って来なかった。物語のバージョンによっては、足が不自由なため他の子供達よりも遅れた2人の子供、あるいは盲目とろう者の2人の子供だけが残されたと伝えられている。
2011-07-01 金 03:26:03 | URL | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-07-12 火 07:55:46 | | [編集]
貴プロジェクトの活動に興味
福島に住んでおります。海外を拠点に環境保全事業を展開しております。福島原発事故が発生してから6か月になろうとしていますが収束も、検証、支援対策も遅々として進んでおりません。今こそ国民が一丸となり安全、安心を取り戻さなければならないと思います。各人の頑張りは素晴らしいと思いますが、物わかりの良い態度はすべてを風化させる危険性があります。東電本社への抗議を門前払いした姿勢こそ悪の根源である東京電力の真の姿では無いでしょうか?共闘する用意はあります。意見の交換をしたいと思います。
2011-09-21 水 19:33:14 | URL | Ishida Jun [編集]
チェルノブイリの25年後の今
若い世代がもう住むところではない・・・と残念ながら、思わざるをえません。
政府が盛んに除染といいますし、私の勝手な思い込みかもしれませんし・・・・・

私には幼い孫達がいます。
娘家族が避難することは、仕事、新築した家、夫の仕事などを全て捨てなければならないことで、悩み続けてきました。
孫は夏休みと週末避難、屋外にできるだけ出さないことで過ごしてきましたが、この状態が子ども達の成長によくないことはわかりきっており、夫婦とも仕事を辞めて、
2学期までで、避難を決定しました。そちらでの仕事を今、インターネットで探しています。
子供達の県外避難を考える一番の理由ですが、
福島で育った子ども達が、将来、遺伝子が傷ついて、障害のある子どもが生まれる可能性が高くなるかもしれない・・・
孫、ひ孫達の未来がとても不安なのです。
結婚相手(もし、できたとして)に失礼かもしれないし・・・

福島市、郡山市は、0・8ミリシーベルトくらいです。
数ヶ月前までは除染を考えていました。普通に空間線量を測っていました。
家の中は、フローリングにしたし水拭きモップでふくので、0・2以下です。
玄関の外も0・4~0・6だと思っていました。
最近、別の線量計、ピンポイントで正確に測るタイプで、直接、置いてみると、コンクリートやアスファルトに放射能はへばりつくんですね、それが雨では流れないどころか高くなっていくのかもしれません
~土や芝生の上より一般的に高くなってしまったんだと思いました。
我が家だけではなく計りましたが、コンクリートの上に置いてみるとみんな高かったんです。
コンクリートは水泡のように開いた穴に入り込んでいるので、表面を削るしかないようです。個人では限界があります。
それでも、高圧洗浄機を買い、汚れを落とすと、20分の一以下になりましたが、洗浄はとても根気がいる作業ですしやりきれません。
コンクリートやアスファルトには、浸み込み続けてきたのでしょう、相当な値で、あっと言う間に、20になったところもありました。
地面に直接、置いての値ですが、でもチェルノブイリの映像では、そのように測っていました。
1メートルの高さで測ると、新聞に掲載されている値ですので、年間の被曝線量が5ミリシーベルト以上ではない??という理由で除染の財政支援もありません。

私は素人で、孫達を心配している祖母です。専門的なことはよくわかりませんが、
放射能はDNAを傷つけると思う映像をみるにつけ、日本の対策はごまかしている!と不安がつのります。
下記の「キエフ病院の子どもたち」は、今年、イタリアの国営放送で放映されたものです。これは、日本では、規制が厳しいので 放映されることはないかと思います。
大人も様々な癌になる恐れがあるのでしょうが、これからの人生が長い子どもたちや胎児が、白血病や甲状腺癌になる危険度が高くなることを示しているのではないでしょうか?
チェルノブイリ25年の今、このような深刻な事態であるに関わらず、福島市や郡山市の人口の比較的多い地域は経済優先なのか、低線量だから、風評被害だから・・と的を外され続けています。
http://q66p.blogspot.com/2011/08/blog-post.html?spref=tw
2011-09-30 金 18:22:17 | URL | 孫が心配なババ [編集]
ご賛同のお願い
突然、メールでご連絡する失礼をお許しください。

放射能から子どもを守る活動をしております松下勝則と申します。
ブログ ⇒ http://savechildyao.blog.fc2.com/

この度は、放射能汚染から市民を守る行動をされていると思われる全国の団体に、メールを差し上げているところです。

私は、今年の8月から、東北大学教授の岡山博先生と縁があり、岡山先生の震災復興プロジェクトのメンバーになりました。
そのことから「震災復興プロジェクト」のHPを作成し、9月4日に完成させたところです。
震災復興プロジェクト ⇒ http://savechildproject.web.fc2.com/

このプロジェクトは、「放射性廃棄物を福島原発付近に集めて管理する案」と、「宮城・岩手の津波がれきを津波記念公園に整備する案」の2つの岡山先生の提案を、国や県に提出する要望書の形に構成し、署名を募ることで認知度と影響力を高め、そのことによってこの提案を国の政策にすることを目的としております。
お忙しいところ恐縮ですが、内容をご確認いただきたくお願い申し上げます。

この提案の実現は、被災地である福島や宮城や岩手からの賛同の声が多くならなければ難しいと思います。
そのために今は、被災県の市民団体を中心に、ご賛同ご協力を呼び掛けているところです。
いずれ、被災県の方々が中心になって、このプロジェクトが推進されることを願っております。

被災県への呼びかけと並行して、全国でも賛同者・団体を募り、2つの提案の知名度を高めていくことに努めております。

皆様のご賛同ご協力を、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
ご賛同できない場合でも、ご意見を頂けると助かります。

お忙しいところ恐れ入りますが、ご検討のうえご返信をお待ちしております。


震災復興プロジェクト
松下勝則
2012-09-29 土 21:02:31 | URL | 震災復興プロジェクト [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-04-17 水 13:47:46 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。